新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも外出制限自体に感染制御にどの程度影響しているか、科学的な検証を行う必要があります。全ての外出制限を一概に罰則する必要もないでしょうし、どんな外出がリスクが高いかを明らかに必要があります。
EBPM(Evidence Based Policy Making)、根拠に基づいた政策作りが根付くように願ってます。
現在でも、東南アジア諸国などで、罰則付きの外出制限を行なっている国が見られます。

これは、外出自粛要請を行なった上でも行動が抑制できず、市中の感染症が広がり続けるような状況で有効になる可能性がありますが、あくまで可能性であって、罰則をつけてさらに感染流行への抑制がかかるかは正直なところ分かりません。

例えば、罰則付き外出制限の開始後、外出を避けるために自宅で大きなパーティーが複数開催されれば、感染は広がるかもしれません。

我々一般市民としては、どんなに流行が拡大したとしても本質はあくまで感染者からの飛沫感染、接触感染にあるのであって、罰則の有無や場所にはないということを忘れないようにせねばなりません。