新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当たり前のことを気付かされる良い記事だと思いました。
「キャリアは組織に預けるものではない」とありますが、大企業だと以外と多い傾向で、上司が自分のキャリアを考えてくれているから大丈夫だと思っている人が結構多いです。考えてくれているかもしれませんが、具体的に次何をやりたくてどういうキャリアにしたいのかについて明確に上司や人事に伝えて、それに向けて空きそうなポストを探したり自己研鑽をするなど能動的に動く必要があります。いわば転職活動と同じで、就社ではなく就職したという意識であればまずはキャリアを描いていく過程で転職と同じテンションで考えて社内でのキャリアを準備する必要があると思います。
会社という空間に一緒にいることで”お互いなんとなく見ていてくれるはず”と言う淡い期待感が今まではありましたが、自分で成果を定義して伝える力がこれから必要になります。
日本人はアピールが下手、といいますが下手なのではなく今までは機会がなかったからだと思っています。グローバルな企業では自分の成果は伝えないとわからない、というのが基本。なので単なるアピールではなくそれぞれが伝える術を学び、実行しているだけなのです。特にリモートワークになって働き方が見えない、という声が聞こえていますが今だからこそ伝える力を付けて行きたいですね。
働き方を大きく変えざるを得なかったこの数カ月間は、仕事に関するさまざまな「常識」をいったんリセットして考える機会になった、という人は多いのではないでしょうか。満員電車に揺られて会社に通うという「働く形」だけでなく、同じ会社で働き続ける意味、会社で肩書をあげていくことの意味、などなど。この経験を経た私たちが次に考えるポイントを、法政大学教授の田中研之輔教授に聞きました。
「エンプロイアビィリティ(Employability)」を個人も高めるべきだし、企業もそれをサポートすべきだと思います。エンプロイアビリティとは、「どこででも働ける(雇用されうる)力」であり、同時に「今いる会社の中で、この先も必要とされる力」でもあります。
個人力を高め、自分の市場価値を高めて、付加価値の高い仕事ができるようになれば、自ずと「キャリアを自分で選び取る」ことができるようになると思います。
"人間の寿命が企業の寿命よりも長くなる時代。組織に自分のキャリアを預けるのではなく、組織内の肩書よりもバイネームで生きる時代になると伝えたいですね"

その時代は、既に到来していると認識するべきだと思う…。
自身の"専門性"がキャリア形成の基軸となる。先ずは、現在の組織で、その仕事において"第一人者"となるレベルを目指したい。但し…、それに固執せず、世の中の潮流を読み解き、環境変化に対応するアジャストする"柔軟性"も持ち合わせたい。

転職するにしても、その武器となる"何か"を環境に応じて活かす術を持っていなければ、一緒に働く相手(顧客も含む)の期待値に十分に応えることは出来ないだろう…。自身の強みである"専門性"を更に活かす機会が急に訪れても良い状態を常に整えておきたい。会社が決めた定年退職なんて気にせず、"生涯現役"生活も、"ALWAYS UPSKILLING"の姿勢を貫ければ実現叶うと思う…。
プロティアンキャリアは変幻自在のキャリアという意味ですが、変化が幻とならないように、自らの在り方をしっかりと確立することが重要です。

「キャリアは自分で選びとるもの」だからこそ、選べる自分であるための努力が必要です。願うだけではない行動が必要です。

時間の使い方、場所の選び方、人との付き合い方を工夫すれば、生き方や働き方はもっと価値のある濃いものに変えることができます。
「ミドルの憂鬱」は誰にでも起こりうるものと考えていますが、ミドル期になると外的にチャンスが次々と訪れるといったケースは稀です。自分で切り開き、自分で掴み取る。キャリアも計画して着実に進めていく時代から、アジャイル開発のように開発しながら軌道修正したり追加開発したりする時代に突入していますよね。
関連記事一覧
【タスクと自律性】ストレスなく働くために「仕事を自分でコントロール」する
Quartz × NewsPicks Brand Design
331Picks

新型コロナ禍、7割が「キャリアや転職に対する意識」に変化
ITmedia ビジネスオンライン
194Picks

新型コロナでイライラするのは「自分だけが我慢している」と思うから。精神科医は“コミュニケーションの欠落“を指摘
ハフポスト
146Picks

大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
91Picks

就活の適性検査で「自分を良く見せよう」とする回答が望ましくない理由
Diamond Online
59Picks

キャリアの「絶対にこれは手放せない」を知るための8つの手がかり
Business Insider Japan
48Picks

20年間、自分を好きになれなかった私が今、「自分のファン」でいられる理由
ハフポスト日本版
43Picks

【為末大】一度ハードルをやめた、あの時 苦しい時は「自分の心を観察する」
朝日新聞GLOBE+
31Picks

世界的ベストセラー書が断言! クリエイティブな仕事をする前には、「コメディ動画」を見よう。 - ワークハック大全
Diamond Online
28Picks

「自分の強み」は、3つの要素のかけ算で最大化される
Mocha(モカ)|お金の知性が、人生を変える。
17Picks