新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうやって見ていくと、クラウンは「高級車」というイメージがあり、スカイラインは「走りを楽しむ車」というイメージがあったように感じます。

クラウンは重厚感で、スカイラインはスポーティ。

昨今では、両方とも同じようなスタイルで個性がなくなってしまったような・・・残念です。
確かに8代目S130型はハイソカーブームも手伝い無茶苦茶売れてた。90年には年間20万台以上販売。

2019年、年間販売台数1位のプリウスが12.5万台、シエンタが11万台という事を見れば、当時クラウンの販売台数がどれだけすごいかよくわかる。

しかし、クルマそのものは先代S120型からのキャリーオーバーかつキープコンセプト。良く言えば熟成したモデルだが、目新しい所はさほど無い。

続く9代目S140は最下位の評価。
こちらは同時にリリースされた初代マジェスタ、初代アリストの陰に隠れて確かに評価は低い。
マジェスタ、アリストはクラウン系初のモノコックボディを採用した新規プラットフォーム。対するロイヤルサルーン系は先代キャリーオーバーのペリメーターフレーム。旧態依然感はあるが、それはS130も同じ。

カローラ初のFF新規プラットフォームのE80系カローラシリーズに対する、E70系キャリーオーバー旧態依然のAE86と同じイメージだ。

しかし、S140ロイヤルサルーン系は旧いリアセミトレーリングアームサスにE34型BMW5シリーズと同様にトーコントロールリンクを追加してトー剛性を高めるなど地味に改良している。エンジンも1JZ/2JZキャリーオーバーだが、先代は元々7Mや1G積む設計に後期でオマケで積んだ1JZを、キッチリ搭載させたのはS140だろう。

S140はそこまで言われるほどヒドイモノでもないと思うのだが。

〈追記〉
R32スカイラインは納得感のある方が多いでしょうね。40代なら。

私の学生時代初めて買ったクルマです。ポンコツでしたけど、想い出深い。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.4 兆円

業績

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.61 兆円

業績

業績