新着Pick
429Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだ他の要因があるかもしれないので完全に取れていた全データをこれから検証しますが、ノズルに破損が生じ横推力が発生してジンバル制御の余裕がなくなりふらつき始めたところで、MaxQといつもより強いジェット気流に入ったところでまるっと1回転してしまい制御はなんとか再び耐えたもののエンジンは停止、その後エマストさせました。

ノズルはグラファイトで作られており、過去に同事例だと20年前のM-Vロケットで同様の破損が生じ、軌道投入が失敗したことがあります。その後JAXAは炭素繊維強化炭素複合材=C/Cコンポジットを使うようにしたのですが、そうなるとおそらく数百万円のコストアップになりますので、我々は格安ロケット目指してるので厳しいですので、グラファイトノズルの外注をやめ自社で生産管理した上で非破壊検査を行い少しでも疑いがある個体を弾いてというやり方になると思われます。ただグラファイトノズルの加工は工作機械にかなり負担をかけるので大変ではあるんですが。。

地上燃焼試験で一度割れたことがあり数十回に一回はリスクはあるとは思われますが検査強化でそのリスクを下げること、今回は一月の延期に加え、5月もコロナで延期と延期を繰り返し、その都度液体酸素流し試験とかやってたので水分がグラファイトに染みて割れやすくなったりしてたかもしれません。

ちなみに次世代機ゼロは再生冷却ノズルを採用するので同種の問題は起きません。

クラファン等で応援していただきありがとうございます!皆様の思いは次の打ち上げに持ち越させてもらいます!次の機体もあらかた出来てるので出来るだけ早期に打ち上げたいと思います。
まだまだ開発途中のロケット、どんどん打ち上げを繰り返して不具合を減らしていかなければならない段階ではあるが、期待が大きいだけにもどかしさもある。次こそは100kmのベンチマークを越えて欲しい。
なんと。。。姿勢があんなに突然乱れるとは。制御の問題だろうか。続報を待ちましょう。
本日の北海道上空は、ジェット気流は50m/sくらいと弱まっており、その上下の風速の変化も十分小さい範囲におさまっていました。地上の天候もよく、機体の姿勢が乱れた原因は、エンジン付近からのなんらかの部品や破片と思われるものの落下によるエンジン出力の不安定なのではと考えています。弱まっているとはいえジェット気流を通過するので、エンジン出力が乱れると機体は流されて姿勢も不安定になってしまいます。
失敗に懲りず、ぜひ次につなげてほしいところです。
北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が、新たなロケット「MOMO5号機」を14日午前5時15分に打ち上げましたが、エンジンが急停止し、海上に落下しました。中継を見ていましたが残念....
35秒あたりで何かが落ちましたね.その後,緊急停止か.安全区域内なら問題なし.
残念ですが、まだ5号機なので、プログラミングで言えばバグ取りの段階ですよね。月並みですが、次回に期待。
年末から延期を繰り返しての発射。おつかれさま、という間もなく、場数とデータが物を言う段階につき、へこたれず繰り返していただきたい。失敗から学ぶ「失敗大学」iUは、MOMOの挑戦を手本にします。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア