新着Pick
483Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナでも人は出会いを止めない、そんな結果が出ています。

マッチングサービス最大手のマッチ(傘下にティンダーがある)が5月5日に発表した決算では、売上高が前年同期比17%増になり、「ティンダー」は売上高が前年同期から31%増加、平均登録者数は28%増えています。

アメリカでは主要メディア各社が「コロナで変わる人との出会い」をとても大きくカバーしています。非常に人々の関心の高いトピックです。

アメリカでは39%の成人がデートアプリを使って相手を見つけています。すでにデートアプリを使って相手を見つける手段として最もポピュラーなものですが、このコロナがさらにその行動を加速的なものにしているようです。

サンフランシスコの友人には、6フィート(約2メートル)の距離を取ってソーシャルディスタンスを保ちながらデートをしている人もいます。

個人的には、ビデオで話した後に、実際に会うというのは、話題も増えそうな気がします。やってみたら以外とよかった、新しい可能性を気がつかせてくれたという意味では、コロナもマイナス面だけではないのですね。
奇しくも今日は別の特集でSaaSの営業手法について説明されていますが、マッチングサービスの設計も「THE MODEL」に即したプロセスに変わっていくのかもしれませんね。

①マーケティング:アルゴリズムを通じた絶妙なマッチング
②インサイドセールス:ビデオ会話
③フィールドセールス:対面で会ってデート
④カスタマーサクセス:成立したカップルがその後も親密な関係でいられるような仕掛け

既存のマッチングサービスのプロセスは①→③だったところに、②を加えたところがポイントでしょうか。
THE MODELのアナロジーで考えると、④はまだ空いてる気もしますが、マッチングサービスというのは英語学習などと同じで、カスタマーサクセス(恋愛が成立する)とチャーンしてしまうというのが悩ましい点ですね。

【大解剖】SaaS企業の営業手法を、徹底的に「分解」してみた
https://newspicks.com/news/4984509
コロナで起こったというより加速した変化。まずは最初に、というレベルじゃなくて、実際のデートはビデオ会話で10時間くらい会話してからでいい気もしますね。当然、ネタ切れするので一緒にビデオ会話上で最新の映画見たりとか、同じ食事をそれぞれの家に届けたりとか、一緒にゲームしたりとか、他のコンテンツと連動したやり方ができそう。
結婚は長い会話だとも言いますし。別に結婚が恋愛のゴールじゃなくていいとも思いますが。
>距離が離れているにもかかわらず、相性の良さ、ケミストリーを感じたとも言っています。

ビデオチャットでここまで感じることができるとは、いささか驚きました。

リアルに会わないとわからないと思っていましたが・・・。

映像がない電話だけの場合はどうなのでしょう?
とても興味があります。
写真と経歴、その人の属性を見るだけでは、相手との相性がわかりにくい。ビデオチャットで会話して初めてその人の気質がわかる。その後リアルに面会するというプロセスは、お互いの時間を大切にすることにもなりますね。
マッチングアプリの普及で、ここから結婚に至る人もどんどん増えていると思いますが、合コンで知り合っても「友人の紹介で」と言うみたいな、鉄板の馴れ初めの紹介のしかたがいつ一般化するのか興味深いです(既にあるのかもですが)
本当に一般化すれば普通に「ネット上で知り合い」と紹介するようになるんでしょうが
プライベート版のみでなく、これのビジネスネットワーク用のサービスで良いものを作ることができれば、もしかしたら、ネットワーキング作法をディスラプトできるかもしれませんね。

ビジネス用のSNSは、非常にコンサーバティブなものしかないので、狙い目だと思います。

洪さん、さすが、よい視点の記事をありがとうございます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
このコロナ禍において、
11歳の娘は常にSkypeやzoomで
友達と繋がってます。

恋愛相手の見つけ方も
仕方も変わっていんだろうな。と
日々ヤキモキしております。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。