新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般人が受けるタイトルの印象とFed報告の内容が著しく差がある。

確かに同報告の要旨には標題のテキストが含まれているが、詳細を読む限りは、Fedの懸念は「銀行の安定性が増しているものの、生保やヘッジファンドのレバレッジの高まりや社債を抱えるMMFなどの状況が不安」というもの。
原典は以下リンクを参照。時間がなければ、中ほどの「Developments Related to Financial Stability」のボックスを読めば十分。

https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/2020-06-mpr-part1.htm
航空会社の破綻、大手百貨店の破綻、モールの破綻、中小事業者の破綻・・・。金融機関の貸出先の破綻が止まりません。チェイス など大手行は貸倒引当金を積んでいますが、それで足りるかどうか。

オルタナティブレンディングを推進するフィンテックは個人やスモールビジネスのハイリスク客に融資している。ここが危ない。そこに融資している銀行も。この1年、金融セクターは相当厳しさが増すものとみられます。
FRBが半期に一度の金融政策報告を公表しています。
それによると、気になるコロナの影響ですが、中小企業のついて憂慮すべきとのこと。体力がない中小企業に懸念が及ぶのは日本も同じくでしょうか..