新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
25兆5,655億円の補正予算と併せて約58兆円、GDPの1割を超える支出が政府の借金を原資に固まったわけですね。新型コロナウイルスで再び強まったデフレ圧力が働いて、日銀が金利の抑制を続ける限り、問題が表面化する可能性は小さいですが、何らかの原因で将来インフレ圧力が強まった時、1000兆円を超える国債を抱えるに至った政府と、640兆円の資産と430兆円の当座預金(市中銀行への負債)を抱えるに至った日本銀行に、金利を上げて対応する余地は殆ど無くなったように感じます。最近信奉者が多いMMTが示唆する通り、その時は増税で対応するしかないのかも。
経済の基盤が新型コロナウイルスによって破壊されることのないよう財政的に手を打たざるを得ないのは衆目の一致するところです。しかし、その結果、我が国が抱えるリスクと何らかの形で将来の国民が負う負担が増したことは間違いないところでしょう。問題を表面化させないためには、インフレ圧力と金利上昇が悪性のインフレを招くことがないよう、我が国の潜在成長率を地道に上げて行くしかないように思います。10兆円もの予備費を含む派手な支出を打ち出す一方、将来のリスクを避ける手立てが議論された様子が全く見えないところが気掛かりです。
まあ2次補正成立はいいんですが、そもそも一次補正の助成金や給付金の支給が遅れてますので、まずそちらの執行の方が課題では。
雇用調整助成金による休業手当の上限額が上がったのは、休業者が生活を維持出来る現実的な金額になったので朗報です。

今一つ実務的に分からないのは、休業させられているのに休業手当を貰えない人が、具体的にどのような状況で休業手当が支払われないのか?です。
仮に本来支払う必要があるのに雇用主が支払っていない場合には、雇用主は、事業が立ち直った後に合理的なペナルティは支払うべきだと思うのです。
それが、雇用保険の加入を外したのか?そもそも休業手当を支払う余裕がないだけなのか分からないですが、将来的に雇用保険を追加徴収すべきケースはそうするべきだと思います。

電通の件がクローズアップされていますが、今回のコロナ禍は、多少なりともモラルハザードが発生していると思います。
将来へのツケは、合理的な範囲で最小限にしたいものです。
今回の成立で、新たな支援策が加わります。困窮者にすぐに行き渡るよう、そして、窓口の混乱に拍車がかかることのないようにしてほしいと思います。コロナ危機は事業主に問題はなく、救えなければ、政治は意味をなしません。
野党は現在も2次補正の内容は大問題ありだと強調し、マスメディアもそれに同調しているが、それならなぜ衆院も参院もあっさり賛成してしまったのか。理解出来ない。
問題は2つ。1つは、不祥事企業である電通に委託したこと。(電通にはキャッシュレスポイント還元などでも委託)それも個人的人脈から。再々委託のような手続きで、アベノマスクもそうですが税金が使われているので、透明性を高め、公平な委託先の選び方をするべき。委託先を選ぶ方法をもっと議論して変える必要があること
2つめは、10兆円規模の予備費の決め方。過去のリーマンショックなど1~2兆円規模なのに、どこにどのように使うのか、不透明で政府の利益追求に悪用されないかと不信に思う国民が増えているということ。これまで予算がないと消費税上げたのに。
さらにスポンサーを含めた五輪開催などの税収も見込めずマイナスになる懸念もあり将来の日本経済が期待できない中で借金が増えていて、効果的な政策が見当たらないことも不安をかきたてているでしょう。
この補正予算の審議は最近には珍しいくらいに良かったと思います。あんまり無関係な話をせず、白紙委任するわけにはいかないという野党からの批判が印象論だけに陥らず個別の話に落ち着き、内閣側もゴリ押しせずに野党の言い分をおそらく裏で取り込んでたのかなと言う感じに最後にはすんなり成立まで進みました。野党も本気でブロックしようとすると足引っ張ってる構図になるのが丸見えだったからか建設的な質疑だったと思います。テレビだと財政民主主義の敗北だみたいな部分だけだったのが残念でした。予算委員会なのに「最終的には予算に繋がるから」みたいな解釈で訳わからん質疑をせずに毎回こういう流れがいいと思いますし比較的に若い層で自民党が支持されているのは野党の質疑の多くが言いがかりにしか見えなきのでまともにそれと付き合わずに時間の無駄をカットして国政を前に進めてくれている前向きさがあるのではないでしょうか。コロナではっきりしましたが国政は限られた時間で物事を前に進める必要があるのでドラクエみたいなターン制バトルではなくリアルタイムシミュレーション型のゲームのように進んでくれないと困ります。審議が尽くされてないとか疑惑が深まったとかは言い訳で、時間内に審議を尽くせませんでしたごめんなさい、疑惑を晴らせませんでしたごめんなさいなら野党を支持します。
スピーディーに「執行」されるまで全員が気を緩めずに取り組みたい。予算は組む事ではなく正しく「執行」される事が重要。

そして、平常時の増税は受け入れましょう。困った時はお金が必要になるのは当たり前、困っていないときに負債を減らしてキャッシュを蓄える。

シンプルにこれからの時代、抱いておきたいマインドですね。
第二弾の給付金は無いのかな?まだまだ真水は足りないとおもうので、強気にやってほしい。