新着Pick
457Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはすごい。視床下部にある体温と代謝に関わる神経細胞集団を人為的に刺激すると低代謝状態になり、様々な生命活動を遅らせられるいわゆる冬眠状態に。ヒトでも実現できれば長期の宇宙旅行や疾患の進行遅延、救急搬送などに使える可能性。
筑波大学の国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)のプレスリリースはこちら。

冬眠様状態を誘導する新規神経回路の発見~人工冬眠の実現へ大きな前進~
https://wpi-iiis.tsukuba.ac.jp/japanese/news/1605/

論文はこちら。
A discrete neuronal circuit induces a hibernation-like state in rodents(齧歯類において冬眠様状態を誘導する個別の神経回路)
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2163-6

実際に冬眠する動物も同じ神経が関わっているかまでは不明ですが、冬眠のメカニズム解明や医療への応用も含めてとても面白い成果。神経を興奮させるだけで起きるのがすごい。この手の神経刺激は遺伝子改変による光遺伝学を使うことがほとんどですが、遺伝子改変マウスを使っているとはいえ薬剤で済むのも応用範囲が広そう。

論文著者のちょっとした解説も面白いです。医療応用のことも書かれています。
http://genshi.ro/?p=739
これすごい!!もちろん人への応用はまだまだ先だろうけど、もし本当に人に応用できるなら、長期の宇宙飛行(恒星間飛行!?)にも使えるし、治療法がわからない難病患者を治療法が見つかるまで冬眠できるかもだし、なんかすごいことになりそう!!!!
人工冬眠なんてSFの世界だけと思っていたけど…。これで「生命」と「時間」の関係が変わっていくと思うと興味深い。
これはかなりの確度でヒトにも応用できそうな技術ですね。薬剤で刺激できるのも手軽でよい。
今朝、一番ワクワクしたニュース。今後、サルでも可能か実験する方針とのこと。
治療法が見つかっていない難病の患者さんが10年くらい人工冬眠できれば、命が助かる可能性がありますよね。もちろん、費用がどうなるか、保険は適用されるかなど、さまざまかハードルがありますが。
人への実用化はいつになるのでしょうか?
SFの世界が実現するのですね。

ところで。今回みたいな外出自粛という見えないストレスを与えるやり方で、日常生活に制約を課せられるくらいなら、いっそのこと、熊さん🧸みたいに冬眠出来たら良いなと、個人的に思っていました…
なんと、完全にSFの世界。不治の病に侵された方が、未来の治療に賭けて人工冬眠する世界がやってくるのかも… いやはや、すごい!
これはすごいですね!まだまだこれからなんでしょうけど、宇宙旅行で冬眠を使って遠くまで行くという感じでしょうか。ただ、冬眠の場合、細胞は老化しないんでしょうかね?年をとるのであれば、ワープ技術の開発の方が直接的な気がしますが。。