新着Pick
442Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これAIなのか?単なるデータ処理では、、、という突っ込みはともかくとして、

日銭を細かく稼ぐビジネスモデルである、ホテル、飲食、旅行代理店は運転資金という概念はあまりないので、売上がなくなっている足下は、とかく大変です。3ヶ月も売上止まれば普通は倒産です。
今は制度融資など含めて支えられている状況。

大変な状況ですが、全部変えなくてはいけないかというと私はそうは思いません。世の中そんなに急に変わるものでもないので、七つの動きの方向に異論はないですが、それが突然マジョリティとなることはないと思ってます。

米国テロの時、SAASの時、大震災で放射能漏れの時、その時々で旅行需要は飛びましたが、時間はかかっても需要は回復します。それらの時よりも、世界同時であること、今後もウィルスパンデミックは何度でも可能性ありますが、未来の不確実性に人は鈍感です。

極論言えば、関東大震災の発生確率はもう間違いなく起こるでしょってレベルですが、東京の人口は増えるわ、オフィスは増えるわ、住宅も増えてました。

前向きに生きましょう!ここは耐え時です!

———-
観光業界の皆さんの努力や新しい取り組みについては、今後自分の本業である「ライター」の仕事を通じて紹介していきたいなと思っている次第です。
———-
AIがあっても、これ大事だと思います。
頑張りましょう!
コロナ禍で観光業界は本当に大変な状況になっていると思いますが、無人サービスや、人が混まない平日プランなどの設定も増えてきているので、個人的にも息抜きのために一人旅したいなと思います。

ちなみにですが、国内観光は少しずつ新たなアプローチで進めていると思いますが、インバウンド系がやっぱり心配です。ヨーロッパなど観光収入の比率が高い国だと、まずヨーロッパ内での海外観光客を受け入れる方針で、すでに動き始めていますが、日本はいつからどういう形で海外観光客を受け入れるべきなのかをそろそろ慎重に考える必要があると思いますね。
AIブレストスパークのサービスで、以下の7つが抽出されたのであれば、下手に人間がやるより効率が良いかもしれませんね。一度、使ってみようと思います。

AIブレストスパークのサイト
https://www.ai-b-spark.com/

1「遠」から「近」へ
2「会わないと失礼」から「会うと失礼」へ
3「都市」から「郊外」へ
4.宿泊から一時利用へ
5「密」な接客から「疎」な接客へ
6 休日から平日へ、短期から長期へ
7 繁忙期と閑散期の差が縮まる

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ヨッピーさんの記事。調査にはTISと博報堂が開発した「AIブレストスパーク」を使用しています。
「7 繁忙期と閑散期の差が縮まる」
毎年のお盆や年末年始の混雑でどうにかならないかなと思っていた方も少なくないと思います。うまく分散化すれば良いなと思いますが、どうなるでしょうか。
何かと思ったらまさかのAIプレストパークを使った記事だった。