新着Pick

現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか?

Business Insider Japan
東大生はコンサル志望や大手志向が強く、ベンチャー企業や起業には消極的——。 こんな東大生のキャリア観が浮き彫りになったアンケート調査がある。 アンケートを行ったのはキャリア教育支援NPO「エンカレッジ」の東京大学支部。就活生への面談などを通じて、「とりあえずコンサル志望」という東大生に対し、自分の意...
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東大生が「とりあえずコンサル」というのは、“夏といえば冷やし中華”というくらい一般的な印象がありますね。笑

ただ“夏はそうめん派”、“夏こそカレーでしょ”、“”夏はカキ氷しか食べない”みたいな人も増えてきているのではないでしょうか。
前もコメントしたことがありますが、コンサルだけの経験だと自らお金を動かしたりものを作るわけではないので、なかなかリアルなリスク感覚やマーケット感覚を自分の事として養うのが難しいのではないでしょうか。

将来的にコンサルに行くとしても最初は投資銀行や商社で投融資やメーカーで事業に関して直接的に感覚を磨くのも悪くないですし、将来的にコンサルになったとしても深みが増すと思います。何れにしても無駄な時間を掛けずに直ぐに事業や案件に携われるところがいいと思います。

コンサルは給料が良くなんとなくカッコいいし特に若い頃はそれも大事なのも分かりますがお金で買えない部分や表面的な部分を除いて自分にとって何が重要なのかをゼロベースで考えることが重要でしょう。その結果コンサルであればそれはそれで良いのではないでしょうか。

来週無料のキャリアセミナーをやりますがここら辺の話についても触れようと思います。(宣伝ですみません)
https://www.worldbank.org/ja/events/2020/06/18/career-seminar-shuichi-hayashida
ベンチャー企業はすぐに大きな裁量を任され、大企業は時間がかかるという事は15年以上前に私が就職活動をしていた時にも言われていました。実際には大企業かベンチャーかに関わらず、組織に貢献できる仕事で結果を出して、信頼とやりたい仕事を獲得するというサイクルをまわす事でしか裁量を得る事はできないのではないでしょうか。時間がかかるか否かは自分次第だと思います。
旧態依然の日系大企業に吸い込まれるよりかははるかに賢い考え方だと思います。
コンサルは永遠の就活といわれているそうです。
いろんな業態や企業を見れるし経営にも近いので経営企画部やCXOに飛ぶというキャリアプランも描きやすい
まぁそれでも最初は使えないの一言なので苦労はすると思いますが
「とりあえずコンサル」で就職した者ですが、当時の思いとしては、モラトリアムの延長です。コンサルでいろいろと世の中を見てみたかったという。実際、3年目に、アサインされて経験した製造業で転職しました。

その後のキャリア人生としては、今だったらブラックと呼ばれかねない働き方もあったものの、いい習慣、価値観も身に付けることができたと思います。

最近は安定した就職先としてコンサルをとらえている人もいるのかもしれないんですが、基本的には転職多い世界なので(アサイン変わるのと転職するのってあまり差がない気がする)、自分のキャリアを考える機会にはいつでも富むと思います。
「東大生」と一括りにしていますが、学部によって人気の業種は大分異なると思います。それと、おそらくサンプルが文系学生に偏っていますね。
未だに2位が「金融・保険・証券」で14%、3位は「商社・卸業」で11%というのも驚きました。まだまだ保守的ですね。これだと私が卒業した頃と大差ありません。もっとも、公務員人気が極端に落ちているのには時代の流れを感じますが。。。
DeNA南場智子さんは常々「コンサルになるな、Doerになれ」とおっしゃる。コンサルは相談役であり、主役ではない。自らリスクを取って主役たらんとする人が世間を作る。マッキンゼーを経て起業した人の言葉には重みがあるので、ぼくの授業にもお越しいただきそれを語ってもらっている。そういう人を育てたい。賢いコンサルを育てるのは東大に任せるとして、iUは全員起業でDoerを育てます。
私の周辺にも、皆が東大受けるから自分も東大受けた的な東大出身者結構いますので、似た感じかもしれませんね。
とりあえずでコンサル行けるなら、転職もしやすいでしょうから、それでいいと思いますが。
大学に戻りしがない学者をしていますが、新卒で入社したマッキンゼーはあらゆるキャリアの可能性が広がった時代でした。
最大の財産は、同期の多岐にわたる活躍に刺戟を受け、仮想現実をみることができるという愉しみが得られることでしょうか。
手に職をつけるほうに一票。

世の中ゼニだけではないし、実業はスリルと常に隣合わせで楽しい。

まあ、人それぞれ。タイミングも大事。最初にやるか、途中でやるか、最後にやるか、やらないか。