新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ECBの例を見ても分かるように、そしてそれをBOJが追随していることからも明らかなように、もはやマイナス金利の水準を弄ることが不可能になっている中で資金供給の仕様を工夫して何とか金融機関にインセンティブづけをしようよしているのが現状です。

どう考えてもマイナス金利を止めた方がシンプルですが、為替に跳ねるのが心配という気持ちは多少分かります。しかし、米国の金利が今後2年半、ゼロでフィックスされるのなら、マイナス金利を撤廃してもそれほど円が金利面で劣後することはないように思いますが。
銀行が日銀に預ける過剰な当座預金にマイナス金利を付すと「マイナス金利政策」で脅しながら、一方で「貸し出しに相当する額の日銀当座預金にプラス0.1%を付利する」のは矛盾といえば矛盾で、銀行が嫌うマイナス金利政策をいわばその分だけ棚上げしたようなもの。マイナス金利政策に反対する銀行にとって「とてもありがたい」ことには違いないでしょうが、2年と宣言して始めた異次元(≒異常)な政策を止められず、政策効果のはっきりしないマイナス金利に踏み込んで、ついにはそんなことまでして金融仲介市場を歪める日銀に「銀行の多くが反発」するのはやむを得ないところかも・・・ そうは言っても日銀が今の政策を本気で止めることは為替や株価への影響等を考えると最早不可能に近いでしょう。「邦銀と日銀の関係の冷却化」は続きそう (-.-)
マイナス金利もさることながら、イールドカーブのフラット化は、短期調達(預金を含む)→長期運用(長期国債を含む)の収益構造の邦銀にはつらいところ。ただ、まだまだ邦銀の経費率は高い。また、信用リスクに見合うスプレッドも取れていない。自助努力の余地はまだある。

なお、コロナ対応としての資金供給は、あまり意味がない。問題は信用リスクであって、円資金の流動性ではないからだ。
だからといって、実際にマイナス金利撤廃して円高とかになったら、それはそれで文句が出てきそうな気がします。
普通に貸して利鞘取ればいいのに、、、と思います。
実質無借金の大企業に貸しても、利鞘の全くない住宅ローン出していても、金融の本質である、金を融通するってことはしてないので。

貸出先がない?
お金はないところには、ないですから、金利をどうやって稼ぐかという思考をしたうえで、次の議論なように思います。

というのは本質ですけど、理想論ではあるので、公的資金注入も、マイナス金利解除も、どういう結論に終着するにせよ、今のままでは何の課題も解決しない浪費になっているように見え、日本はどう歩むのか、確固たる方向性を示す必要があると思います。
金融政策だけでは解決しないでしょうから。


貸し出しに相当する額の日銀当座預金にプラス0.1%を付利すると決めたことは、コロナ下の特別な対応だとしても、貸すべきであるという方向性において、一貫性あると考えます。リスクと利益のバランスをとることを真剣に考えるタイミング。低金利競争を大企業向けにせずに、堂々と金利5%、10%といった水準で貸せばいい。
今月15、16日に開催される日銀金融政策決定会合ではマイナス金利の深掘りは予想されていないよう。エコノミストの多くも次回金利政策決定会合では大きな動きはないのではないかという見方をしているのだそう。

【当面コロナの影響注視、必要なら躊躇なく追加緩和=黒田日銀総裁】
https://newspicks.com/news/4902586/