新着Pick
449Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
豊田氏は、「1人も勝たなかったらこの国の産業はどうなるか。トヨタは勝った強さを、自分のためではなく世の中のために使える会社に変わってきており、支援をお願いしたい」

株主総会という舞台とは言え、日々の思想がそうでないとなかなかこのタイミングで、このような発言はでてこない。

素敵な経営者だなと改めて感じました。
トヨタ一人勝ちでいいのかという質問に対して「1人も勝たなかったらこの国の産業はどうなるか。トヨタは勝った強さを、自分のためではなく世の中のために使える会社に変わってきており、支援をお願いしたい」と。なかなかその場で言える言葉ではないですね。常日頃から日本経済を担う覚悟をもってやっていることの現れ。なんて素敵な経営者なのだろうか。
『世の中を元気にし『幸せを量産』する会社』

かっこいいな。日本を代表する経営者としての矜恃を感じる。
Warm Heart とCool Headを持つ豊田社長。
日本はもちろん、世界の為にも頑張ってもらいたい。

彼が他社にいたらどういう動きをするのだろうかと
考えたくなる人。

自動車業界だけでなく、色々な世界、業界で彼の力が
必要だと思います。
詭弁...上手い!と感心.訓練を受けないとできないレベル.

2018年の新語・流行語大賞を覚えているでしょうか?
「そだねー」でした.このとき,大賞を逃したものの,トップテンに入ったのが「ご飯論法」という用語.首相の国会答弁から広まった言葉です.
「朝ご飯は食べたか」という質問を対し,パンは食べたにも関わらず,「ご飯は食べていない」と答えるように,議論において言い逃れや論点のすり替えをする論法(詭弁)です.
質問者に質問を後悔させる,これほど見事な解答を息を吐くようにできるようになるには,相当な訓練と経験が必要だと思う.
一度は株主総会に参加して、直接、豊田社長の言葉を聞いてみたい…と思うのですが、毎年豊田市まで行くことには躊躇してしまいます。

株価が3,000円くらいまで落ち込んだのは、確かリーマンショック後に赤字に転落した後だったと記憶しています。その頃の株式市場の弱さはとんでもないものでした。
トヨタの赤字転落は、日本経済に精神的ダメージを与えることを豊田社長は、よく覚えていらっしゃるのでしょう。涙を流したのは、期間工などの人員削減の辛さを思い出していたはず。

トヨタ一人勝ちの是非論については、日産が自ら滑り落ちている要素が大きいと思います。
とにかく、トヨタにはこの危機を乗り越える先頭に立って欲しいと思います。
いろんな意味で素晴らしいトヨタと章男社長。
一方で時価総額ではそんなトヨタにすら追いつき追い越しそうなテスラとの関係が、色々考えさせられます。
力強い/ 「『トヨタ1人勝ち』に取引先から不満はないか」との質問に豊田氏は、「1人も勝たなかったらこの国の産業はどうなるか。トヨタは勝った強さを、自分のためではなく世の中のために使える会社に変わってきており、支援をお願いしたい」
トヨタ自動車を愛し、車を愛し、社員を愛する豊田章男社長らしいコメントが沢山あるように感じます。
トヨタは社会のインフラ、プラットフォームになっていくのかなと感じました。「1人も勝たなかったらこの国の産業はどうなるか。トヨタは勝った強さを、自分のためではなく世の中のために使える会社に変わってきており、支援をお願いしたい」公の場でこのような発言をされる社長にこそ、日本経済を支えて欲しいです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.1 兆円

業績