新着Pick
314Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヒトに感染するヘルペスウイルスには様々な種類があり、口唇ヘルペスや帯状疱疹を起こしたりするウイルスが含まれます。今回取り上げられているHHV-6は、このヘルペスウイルスの1つですが、口唇ヘルペスや帯状疱疹のヘルペスウイルスとは別のものです。

HHV-6が問題になるのは小児が多いです。高熱と全身の発疹が出る、「突発性発疹」という病気の原因として知られていて、子供をもつ方であれば経験されたことがあるかもしれません。子供のうちに感染することがほとんどですが、大人になっても潜伏したウイルスが再び活性化し、様々な病気と関連することがわかってきていて、近年注目されています。

この研究だけでうつ病での関連が断定できるわけではありませんが、精神疾患と感染症との関連というのはこれまでにあまりない視点で、興味深いです。
単一因子であるとは考えにくく、環境因子もからんでいるはずで、

たとえば、
うつのきっかけとなるような同じ経験をしても、うつ病になるならないにSITH-1が関与している、という可能性はあるかと思います。

予防への応用は難しいかもですが、
治療になんらか活かされることを期待します。

あと、産後うつにもこれが関与しているのかとても気になります。
HHV6はほぼすべての人が感染するウイルスで、体内に潜伏感染しています。
以前は2歳までに8割のひとがなんらかの形で感染するという報告されていました(※)(最近は、2歳以降での初回の発症も増えてきているようです)。

※New England Journal of Medicine 2005; 352(8): 768-76.
日本語訳 https://pediatric-allergy.com/2018/04/10/primary-human-herpesvirus-6-infection/

感染予防…という観点では難しそうですが、脳への直接の関与をすることがあるというのは興味深いです。
とはいえ、多くの病気がひとつの原因で発症するのではなく、たとえば何段階かを経て発症することが分かっています。
たとえば、がんの『2ヒットセオリー』が有名ですね。

https://www.thermofisher.com/blog/learning-at-the-bench/cancer1/#2

そういう意味でも、発症のきっかけとしては興味深い点であることは確かですが、今回のうつ病の発症機転に関してもHHV6だけで説明をするのは難しいでしょう。
そのHitのうちのひとつとして捉えるとわかりやすいと思います。
「うつ症状」があると「うつ病」と一括りにされがちですが、同じ「うつ症状」でも原因は千差万別です。「うつ病」は単一の疾患概念ではなく、生物・心理・社会的な要因が複雑に絡み合って発症するものであり、一人として同じ患者さんはいません。

治療も各々の患者さんの生物・心理・社会的な原因・背景を考慮したテイラーメイドの治療を行わないと、根本的な回復を目指すことはできません。

もちろんウイルス感染がうつ病の発症に寄与している可能性はありますが、還元主義的に単一の因子のみで発症のメカニズムを説明するのは無理があり、まさに「群盲象を評す」となる危険を孕んでいます。
私は医師ではないので話半分で聞いてください。

腸内細菌も関与している可能性も指摘されており、人体の不思議を感じています。

うつ病の人の腸内細菌を調べたら… 調査から見えること
https://www.asahi.com/relife/article/12958733#:~:text=%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%AB%E5%A4%9A%E3%81%84%E9%81%8E%E6%95%8F%E6%80%A7%E8%85%B8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4&text=%E4%B8%80%E9%83%A8%E3%81%AEIBS%E3%81%AF,%E6%B8%9B%E5%B0%91%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
うつ病の薬物治療は主にセロトニンと言われる「幸せ物質」やノルアドレナリンと言われる「元気物質」の脳内濃度を高めるSSRIやSNRIという薬剤を使って行われます

今回の研究が進み、もしもウイルス感染とうつ病の因果関係が立証されれば、それこそうつ病のワクチンや治療薬が生まれ得ることになり、これは非常に興味深いことです
うつ病の発症がウイルス感染が原因である可能性が非常に高いことが判明

人ヘルペスウイルス6B (HHV-6B) の抗体陽性率は、うつ病患者で79.8% に対して、対照となる健常者では 24.4% しかいなかった。(p値は1.78 × 10−15)

Human Herpesvirus 6B Greatly Increases Risk of Depression by Activating Hypothalamic-Pituitary -Adrenal Axis during Latent Phase of Infection
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004220303722
うつの原因として「ヘルペスウイルス」が関わっている可能性があるとのこと。
ウイルスへの感染が原因なら予防できそうな気がしてきます。研究が進むことを期待したいです。
ほう
新型コロナウィルスで「男性の死亡率が女性の約2倍」といった記事もありましたが、それは因子分析ができていないので、何の確証もありません。

この記事に関しても、ひとつの因子と、そのデータのみで語られているため、今後、更に他の因子との関係など、調査しないと、この結論を言及することは時期尚早だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア