新着Pick

「ディズニープラス」日本で成功するための条件

東洋経済オンライン
ウォルト・ディズニー・ジャパンは6月11日、定額制動画配信サービス(SVOD)「Disney+」(ディズニープラス)の提供を開始する。ディズニープラスは2019年11月、アメリカなどでスタート。その拡大スピードはすさま…
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SVODで最初に契約したのがHuluでした。過去の映画やドラマが見放題ということで、TSUTAYAで毎月1000円以上使っていたことを考えての乗り換えでした。
 
しばらくしてNetflixのオリジナルコンテンツに惹かれて契約しました。そしてAmazonはもともPrimeだったので、3つのサービスを利用するに至りました。
 
これらに共通するのは、もともとコンテンツホルダーでは無かった点です。上記3サービスとも今ではオリジナルコンテンツを制作していますが、利用当初は「旧作の宝庫」というイメージで使っていました。

ディズニーは自前のコンテンツがあることで戦略の幅が大きく違います。映画館、TV、PC、スマホと、接点が異なる中での戦略には期待値が高いです。
日本では日本のドラマや映画の品揃えが普及に大きく影響すると言われています。とはいえ圧倒的な質と量があるので、そこがどれだけ評価されるか。
それと米国ではHuluとESPNをバンドルして月額12.99ドルだが、日本でも日テレのHuluとバンドルできれば、一気にユーザー数が拡大しNetflixを超えるはず。日テレHuluにとってもユーザー拡大に決して悪い話ではないはずなので、あくまで推測ですが水面下で動いているのではないでしょうか。
日本市場はアグレッシブに行かず、スロースタートになるのでは。立ち上げコストそんなにかからないし。いまだにMarvelとかのグローバルな基幹IPを日本国内でヒットさせることができてませんが、スターウォーズのファン層を厚くして、Mandalorianとベビーヨーダをヒットに導ければ、まずは万々歳では。
ディズニープラスでdocomoと組んで、ディズニープラスでも変えない。NPのコメントでは批判されているけど、ディズニーにとってdocomoとの提携は大きなメリットがあるのかも。

ディズニーが直接契約を用意しなかった理由が知りたい。