新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
朝日新聞が一面トップで報じている調査報道です。電話勧誘でな偽装や捏造という想像もしていなかった工作です。音声も動画も簡単に改編、創作できる今の時代ならではの不祥事だと思います。組織はどこからでも腐るということを改めて教えられます。同時に、朝日の報道はかなりの手間ひまをかけたと推察します。こういう報道が大切です。
東電の子会社の委託先での不正行為。
内部通報で発覚したという経緯と記事にある。
委託先の複数の人により起こったことだが組織としてそれを許す土壌があったのか? 
コールセンターの記録を改ざんできるとすると、コントロールにも欠陥があったと言える。
「まさかこんなこと」という驚きを繰り返さないためにも、嫌な言い方だが、各企業は 不正は起こるという前提で、プロセスを見直す必要がある。
音声データの改ざんは結構面倒ですが、作業の手間を上回るメリットがあったということですね。電力自由化は本当に国民にメリットがあったのかも疑問ですが。

朝日が「独自」というアイコンを作ってタイトルには入れていないことも興味深いです。「titleタグ」に入ってない情報を検索エンジンはどう評価するのでしょうか。

ちなみに自由化や民営化というと良い方向にいくと考えるオメデタイ方が一定数いる印象ですが、そんなことはありません。
出てくる会社が、東電、三井物産という日本の基幹企業なのが悲惨。
こんな初歩的な信義違反が行われたのは、とてもまずい。
郵政もそうだが、基幹企業のモラル違反はとても恥ずかしいことだという認識を持ちたい。

「りらいあ社は三井物産系列で東証1部に上場し、コールセンターは業界大手の主力事業。取材に対し不正を認め、今年1月に内部通報で把握したと回答した。理由については「東電EPへの業務報告で、適切にオペレーションを実施していると装う点にあった」と説明。44件中4件で、顧客の意向に沿わず契約を切り替えた可能性があり、「非常に重く受け止めております」とした。東電EPに不正を報告したところ、この業務の契約を打ち切られたという。」
けさの朝刊1面で特報。デジタルでは、音声つきで報じています。
東京電力が家庭向けに販売する電気・ガスの電話勧誘業務を請け負った「りらいあコミュニケーションズ」が、顧客との会話を録音した音声データを改ざん・捏造した案件が44件確認されたという朝日新聞の報道。
【社会】何となく「業務委託は悪」という風潮が作られつつあるな…。「業務委託」という行為自体が問題なのではなくて、業務を委託する側の管理監督や受託する側のモラル、コンプライアンスの問題だということを理解する必要がある。
個人の話ですが、東電契約をやめて他の電力小売会社に変えました。
理由として、東電は全くユーザー目線でないため。具体的には、クレカ変更ひとつにしてもUIが絶望的
> 【東京電力の支払い】クレジットカード変更にすったもんだした話し
https://macmem.com/wp/2020/01/10/12552/
東京電力ホールディングス株式会社(とうきょうでんりょくホールディングス、英語: Tokyo Electric Power Company Holdings, Incorporated。 ウィキペディア
時価総額
4,869 億円

業績

りらいあコミュニケーションズ株式会社は、コールセンターの受託運営・設置・人材育成を行う大手のテレマーケティング会社。ジョブポケットを展開する。 ウィキペディア
時価総額
830 億円

業績