新着Pick
890Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサルといっても十人十色で玉石混合ですが、会計系グループのコンサルティングファームがどのようなサービスを提供しているのか、以下の文から分かりますね。
そしてどういう人がここに行くべきか行くべきでないか、書いてませんが文脈から滲み出る印象に基づき判断するのがまさにハイコンテクストなのかなと思います。

PwCのキャリア系の記事なら昔のこちらも参考まで。
https://newspicks.com/news/1985608?ref=user_489842

──2019年に新たにSAPのERP(基幹業務システム)を活用したコンサルティングを担うチームを立ち上げ、リーダーを務めています。どのような組織づくりをされていきますか。
私が目指しているのは、PwCグローバルネットワークのSAPチームの中で、「No.1」と評価される組織にすること。
空気を読むことが成長を阻む、とまでは言い切れないというのが個人的な意見です。元々、空気を読むことの本質は、自分の意見を曲げて場の雰囲気に同調することにあるのではなく、そこに人が集まっている理由は何なのか、1人1人の感情はどういう状態かなどを把握すること、という意味があるからです。

この能力って、むしろコンサルタントは必要ではないですか?
日本企業ならではのハイコンテクストなコミュニケーションに慣れてしまうと、外資系では本当に苦労します。空気を読んで忖度することなど、誰も理解してくれませんから。グローバル人材になるには英語力も必要ですが、それ以上に「論理的に、明快に、はっきりと言葉で伝える」ことが必須です。

我が家の子供たちにも「自分が言いたいことが、相手にはっきり伝わるように、結論を最初に持ってきて、論理的且つ明快に伝える」ことを小さい頃から教えて、習慣化させるようにしています。これからの時代を生きる人たちには、必要なスキルだと思っています。
コミュニケーションの違いという意味でのハイコンテクスト、ローコンテクストについては、企業研修でもスポーツ組織への講演などでも、その言葉の意味を事例を通して説明することは多いです。一般的に認知されている言葉ではないように感じるからです。

経営者へのメンタルトレーニングにおいても「状況によって異なるコンテクストの使い分け」についてクライアントと一緒に整えていく機会も多いです。

日本在住の外国人リーダー(ビジネス、スポーツ)のみなさんの中には、本当に上手にハイコンテクストなコミュニケーションされる方も多くなりました。私は逆にその彼らの「ハイコンテクストなコミュニケーション」を学ばせていただくこともあります。

何はともあれ、コミュニケーションは目の前の人との「つながり」。ビジネスでもスポーツでも全体最適解をみんなで一緒に工夫して作っていくプロセスの一つと考えると自分はまだまだ未熟な部分が多いと改めて感じました。

その意味ではおそらく、、、本記事の背景にある鈴木氏の情熱や温かさを自分自身が感じ取れるかどうかも、自分の人生経験にかかっていると感じ、昨日より今日、今日より明日を、変わらず意識して精進したいと思いました。
「空気読む→成長しない」「空気読まない→成長する」という二元論そのものが害悪だと思うけどね。
昭和のおっさんたちが「空気を読んでばかりの忖度」しかしていなかったわけじゃない。むしろ高度経済成長期はみんな空気読まなかった(読めなかったではない)。
「空気を読めない」と「空気を読まない」は違う。本当に組織の成長を阻害するのは「空気を読めないだけなのに、俺は空気を読んでいないだけだ」と勘違いする輩だと思う。
計算された意図的な落としどころまでのプロセスを作りこむのは、「創造」ではありませんね。頭の良い人は、社内でそんなことばかりをしている気がしてなりません。
答えを探すプロセスと、答えを伝えるプロセスは全く違うのですよね。
忖度はしない。これコロナ渦以降、スピード&チャージの時代に重要。これ読んでると自分は完全にドイツ人の思考に近いという事がわかった。
空気を読む≒忖度の強要

このスキル(というか強要圧力)で生きてきた中間管理職は、リモート勤務では仕事にならなくなってきている筈です。とはいえ、マネジメントをローコンテキストに落とし込むトレーニングを怠ってきた罰ですね。お気の毒