新着Pick
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京・竹芝の特区CiPも東大・川原圭博研究室のワイヤレス給電技術を実装したいと考えています。次世代技術をまとう都市間競争の時代です。
Teslaのスーパーチャージャーは、5分間の充電で75マイル走行できます。

かつ、誘導方式の充電はエネルギー効率も悪いので、システム全体で考えたら、電池と充電側で対応する方が有効だと考えています。

V3スーパーチャージングを発表
https://www.tesla.com/jp/blog/introducing-v3-supercharging
新開発1MW電力キャビネットは、ピーク時に1台当たり最大250kWの充電速度に対応しています。この充電速度は、最大効率で動作しているModel 3 ロングレンジなら5分で最大75マイル相当の充電が行え、1時間あたり最大1,000マイルの速度で充電することができます。今日発表するその他の改良と組み合わせることで、V3スーパーチャージングは、実際のフリートデータによるモデルでは、お客様が充電に費やす時間を最終的に平均50%削減することが可能となります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
走りながらのワイヤレス充電ってすごく効率が悪そう… 精度の高い自動運転にガードレール+パンタグラフ的なもので物理接点を持ったほうがコストも安くて現実的な気もします。
昔の近未来レースゲームみたいに夢がある実験

イスラエルは技術の発明に合わせてルール作りをしていく柔軟さがいい
トヨタの都市づくり構想でもアイデアとしてパクって日本に導入して欲しいです笑
せっかくのエコロジーですから効率も気になります。

例えば、単1電池くらいの大きさのセルを 自販機で買って 車にガラガラ投入します。投入した数だけ古いのが 順番に並ん出てくるので、自販機に返す。これだけで、バッテリー1分交換ができます。

車の中では、何十個もの疎結合セルが1列に並び、レーンOut 側のセルの残量をIn側のセルに電力を転送しながら、交換の効率を上げる感じです。 長距離運転なら、サブレーンにセルをセットすることも出来ます。

この仕組みをPCや 電池バイク、電池冷蔵庫など、あらゆるモノで共用してボリュームメリットを期待します。
電気自動車が、走っている道路から充電されるっていうのは発想になかったです。しかもそれが実現されれば、電気自動車に積む充電池が小さくて済む→コストが下がる、というのも斬新な発想の転換でした。ハードルは高そうですが、面白いですね。
Matsunagaさん、リンクがww

埼玉大の方式がいいと思うんですけど、いろいろとしがらみがね
全ての道路に敷設するのは現実的ではないでしょうから信号がなくならない前提で、信号待ちや原則する場所に敷設するのが効率が良いように思います。
スマホのワイヤレス充電みたいなもんか。個人的には、ガンダムXのサテライトキャノンみたいに、月からエネルギーを供給できると物凄くカッコいいと思う。
夢は語ってもいいが、ウソはいけない。

『エレクトレオンは、1億5000万ドルの費用でテルアビブの主要道路すべてを電化することが可能だとしている。』