新着Pick
603Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ガラケーからスマホへのチェンジの際にもありましたが、ベンチャーなどがスマホに注力し、その後に大企業がゆっくりと確実にスマホへの変革を実現するということがおきました。

DXも同じようなことがおこっていて、ディズニーやナイキなどが例としてとりあげられています。ウォルマートなどの超巨大企業も大きな成果がでているので、これから日本でもDXによる大きな成功事例がおきるでしょう。その流れをなるべく加速し、世界で戦える企業が増えることに貢献できればと思っています。

"DXと一口にいっても、従来、紙やメールで行っていた業務を、もう少し進化したSaaSやITシステムで置き換えるという意味での「業務のDX」と、ナイキやディズニーのように事業コアをデジタル時代に合わせてスライドしてしまうという「事業のDX」の2つがあるように思われます。

現在の日本で良く聞くDXは前者の文脈が多いように見受けられます。確かに現代的SaaSの業務や分析のツールを採り入れて、それに合わせて組織文化やワークフロー、働き方改革を実現するだけでも効果は大きいと思います。しかし、本丸は事業コアのデジタルによる再定義ではないでしょうか。"
デジタル化は新型コロナウイルスによる外出制限により、世界中でオフィスに頼らない業務の確立を急ぐ動きが強まりました。技術やワークスタイルとして存在しており、既に導入済みの企業が成果を出してきたDXを、より多くの企業が導入することになり、トレンド化しているのではないか、と思います。

同時に今回の経験から、「いける!」という感触を得た人も多かったのではないでしょうか。このことは、

おそらくこれから、スマートフォンがメインの情報デバイス、情報収集をオンラインビデオで、コミュニケーションをテキストで、コラボレーションをビデオ会議で、が当たり前のスキルセットである人材が企業に入ってくるとき、DXの進行度合いはその人材が定着し活躍できるかどうかという大きな判断基準になってくるでしょう。

その点でも、今回の混乱で変化することができた企業は、アドバンテージを持つ、というよりはコロナ後のスタートラインに立てた企業、と言えるのではないでしょうか。
事業会社の中に、本当にデジタルが理解できる人が増えてくると、日本もまだまだたっぷりと伸び代があると思うんですよね〜
CDOはテクノロジーに強い興味を持った若い世代に任せたりすると面白いんじゃないかな、と個人的には感じています。
ITの利用や単なるIT化からさらに踏み込んで業務自体を再設計していくことだったり、それを進めていく主体がIT企業から伝統的企業に変わってきたことが、今起きているDXの本質かもしません。
投資先で言えば、ITを活用した保険を作っているjustInCaseや、ITを活用してスマートな国際物流のフォワーディング業務を行うShippioなどはまさにDXのど真ん中。スタートアップもこうして取り組むし、一方で伝統的企業も取り組まざるを得なくなってきているように思います。
本質的には極めて重要な変化。そして事業をするためにその重要性やパワーを理解している場合には「DX」という言葉がないうちから様々な変革を進めていたと思う。
一方で「DX」という言葉ができることで、気運ができる多少のプラスもあるかもしれないが、筆者の西村さんが冒頭に書かれているのと同じようにバズワード・マーケワードだろうという思いは消えない。そうすると、何のために手段としてのDXではなく、目的としてのDXが先行することが多くなって、結果につながらないことも過去のバズワードの推移を見ていても頻出することだと思う。
もちろんバズワードが生まれなければハイプサイクルを超えられなかったものもあるかもしれないので、効用を否定するわけではないが…ただ広すぎる概念を一言で表す言葉の功罪は、考えずにはいられない。
「SaaSやITシステムで置き換えるという意味での「業務のDX」と、ナイキやディズニーのように事業コアをデジタル時代に合わせてスライドしてしまうという「事業のDX」の2つがある」には納得。業種問わず後者まで踏み込めるかが株価の趨勢も決めてしまう時代
DXしたがために大変なことになる人たちもいますよね
それはサイバーセキュリティを無視したDXによくあることです
今回の某自動車会社もそうでしょう
DXというバズワード風の言葉について、個人的にはかなりしっくりくる説明でした。「業務のDX」と「事業のDX」というラベリングも納得感が高いです。

バズワード化されることできちんとした解釈・説明も出回るようになりますし、わかる人にはわかる状態になります。多くの人が考えるきっかけを生むという意味で、バズワードも意味があるかなと。
下記など見ていても、現状のIT関連投資の対象は、日々の業務や管理部門などの効率化・コスト削減が中心になっていることが分かります。まさに業務のDXですね。大企業については、新規事業の立ち上げにもそれなりに投資で来ている状況のよう。事業のDXへのスライド途上という印象です。

経済産業省 情報処理実態調査
https://www.meti.go.jp/statistics/zyo/zyouhou/result-2.html
中小企業における ITの利活用
https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H28/PDF/chusho/04Hakusyo_part2_chap2_web.pdf
何度も書きますが「DX」は手段であり、目的ではありません。

自社のあるべき姿を描くのが先で、それなしに「DXありき」はありません。

「AI導入」や「DX推進」は、それ自体が目的になってしまい、単に投資しただけで結果的に効果がなかった…という事例が多いのは、本当に残念です。

例えて言えば、骨折しているのに、全く関係ない風邪薬を飲んでも効かないのと似ています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません