新着Pick
489Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
総じて言うと、全体の陽性率は0.43%と、他国の感染流行地域でみられた数字よりも低い結果となりました。また、医療関係者は1.79%と比較的高い結果でした。

会見を見ていましたが、結果の解釈で注意するべきポイントと、この結果から得られた点の両方についてコメントします。

注意するべき点の1つは、「抗体検査陽性」が必ずしも過去の新型コロナウイルス感染を意味するものではないということ。抗体検査は、これまでの普通の風邪ウイルスであったコロナウイルスに感染した人が陽性になるなど、「偽陽性」の可能性があります(孫社長はこの点の理解が不十分であると感じました)。

もう1つは、「無作為検査」ではなくソフトバンクの従業員や医療従事者を対象に行った「任意提出のデータ」であるためバイアスが生じるということです。例えば、病院の中で抗体検査を受ける人を任意で募集した場合、「自分はコロナの患者と濃厚接触した」と思う人がすすんで立候補して、検査を受けたいと言うでしょう。実際の数値よりも高く出る可能性があります。

興味深かった点は、コロナの感染が流行している地域と抗体検査の陽性率が高い地域が一致するような傾向がみられたことです。抗体検査は全く役立たないということも考えられましたが、流行度合いの指標として有用な可能性が示されました。また、医療従事者の中でも唾液や飛沫に晒されやすい歯科医師や歯科衛生士の検査陽性率は低く、マスクやゴーグル、手袋といった防護がやはり重要なのでは、という示唆もありました。

これほどまでの大規模なデータは日本でなかったため、今後抗体検査を用いて様々な調査を行っていくうえでの基盤となるデータにはなると思います。この点はソフトバンクグループのネットワークと財力がなければなし得なかった業績だと思います。

ちなみに最後の方は、孫社長がディスカッションに参加していましたが、孫社長が「広く浅くPCR検査を」というような主張を繰り返して専門家に同意を求めていましたが、大曲先生と杉浦先生は気まずい雰囲気で、論点をずらして大人の対応をするという微妙な空気になっていたのが印象的でした。
無作為抽出でないためのバイアスと、
これまでの報告からすると、偽陽性がかなり含まれている可能性もあり、
実際の抗体陽性率はもっと低いかもです。

となると、なおさら、『広く浅くPCR検査』は行うべきではないということ。
検査前確率がとても低いので偽陽性がかなりの数になります。

この検査の意義は乏しいですが、数はさすがです。
これだけの数をこの短期間で行えるのは大企業の力やと思います。
ぜひ次は、厚労省などとコラボして、たとえば今回なら検査キットのvalidationに活用するとか、大企業ならではの強みを社会に還元して頂けると嬉しいですね。
突き詰めると、この抗体検査の結果は、残念ながら過去に感染したということを証明するものでも、過去に感染していないということを証明するものでもなく、今後感染リスクが高いとか低いということを意味するものでもありません。

また、無作為に選択されたものでない以上、この数字が持つ意味も分からず、その数字を報じる意義も分かりません。

一つ言えることは、複数報告されている数字に対し「医療関係者の方が従業員より感染率が高い」というように解釈を行ったり、意味を持たせたりしてはいけないということです。
[基礎知識のおさらい]
ー検査の目的
PCR検査、抗原検査は現在のウイルスのあるなしを調べる検査で、抗体検査は感染の経験があるかを調べる検査です。抗体検査もPCR検査同様に偽陽性と偽陰性が生じますので、真実に近い数字を得るには品質の良いキットを使っているかが肝になります。

ー偽陽性の仕組み
簡易検査キットには新型コロナウイルスが保持するタンパク質がコーティングされており、血液にそれに結合する抗体が含まれていれば線が浮かび上がり、陽性の判定が出る仕組みです。コーティングしているタンパク質の構造がもし、その他のウイルスが持つタンパク質と共通する構造を持つ部分があれば、新型コロナウイルス感染したことがない人にも陽性が出る可能性があります。

ー免疫パスポート
WHOが示した見解だと、抗体保有が2度目の感染を防ぐ根拠とはまだならない状態です。新型のウイルスなので結論が出せるまでのデータが集まっていないのです。今のところ、
一度感染したら必ず抗体ができる とも言えない。
抗体が検出できない は 免疫がない とも言えない。
抗体が検出されたから もう一度かかることはない とは言えない。
というのが現状です。新型コロナウイルスに対する免疫記憶を理解するための大規模な調査が今も世界中で行われています。
孫正義氏の鶴の一声で行った大規模抗体検査、陽性率0.43%という結果が出ましたが、この数字自体にそれほど意味がないのは医師のProピッカーの皆さんのコメントを読めば分かります。というよりコメントを読まないと記事の正しい解釈ができないということです。メディアとしては単に数字を報じるだけでなく、専門家のコメントや解説を加えないと、ニュースとしては失格だとも言えます。
記事とコメント欄を見て、悩ましいと思う。
個人的にはデータが集まっていくことや、そこからの傾向値から仮説を立てていくことは、それが簡便にできるならなおさら、価値があることだと思う。一方で本件に限らず専門的な知識が正確な理解・判断に必要なことについて、報道や一般認知は目立つ数値や仮説を結論として捉えがち。そうなるリスクから専門家の方は一層コンサバ・正確に伝えなくてはという思いになりがちだし、逆にそこが本来的に難しいことだから自分が理解しやすい部分だけ脳に残る構造が一般的に人間にはあると思っている。

サンプルバイアスなどがある前提で、ある程度確からしく言えそうなことは、日本が集団免疫とは程遠い状況であること(日本であまり広がらなかった背景として、風邪や12月くらいから毒性が低い状態である程度広がっていたという可能性が下がる)。あとは原田さんがコメントされている(有難うございます!)地域性や防護の重要性についてあたりだろうか。
コメント欄がコンサバですね。せめてなにかインサイトはないのでしょうか?例えば圧倒的に低い絶対値が何を意味するのか、とか。

完璧なデータってどこまでいってもないものですが、本当にこのデータから何も言えないのかなあ、と疑問に思ってしまいます。
批判的なコメントが多いですが、世の中、完璧にデザインされた調査ばかりではありません。それを言い出したら、査読も終わっていないコロナ関連の研究論文も、結果的にゴミの山だった、ということもあり得ます。

しかし、経営者は分からない中でも意思決定を迫られている状況です。限定的であってもデータを取ろうとし、それに基づいた判断をしようとしていることは前向きに評価すべきではないでしょうか。リスク管理、従業員の士気や安心感、株主への説明責任を考えても、なにもないまま決めるよりはいいと思います。

誤りがあるなら、正していけばいい。それを指摘してあげることも大事ですが、限られたデータからインプリケーションを引き出すことも、同時に大事だと思います。

検査態勢への疑問もあります。しかし社長から「検査やって」と言われたチームが、「親分の注文だから」と場当たり的に適当な検査キットを使ったり、医療的アドバイスを受けずに進めたりするのか。それとも「従業員のために限りある予算を使うのだから」と、産業医含めて医療的アドバイスに耳を傾けつつ、最大限に効果を上げるものにしようとするのか。私はSBに限らず日本では多くの会社で後者になると思いますが、どうでしょうか。
大規模抗体検査のメリットは職種やエリアごとの感染度が分かる。これを定期的にすると更に傾向が把握できる。恐らく日本では医療機関や高齢者施設、キャバクラ、ホストクラブを除くと殆どコロナに感染はしない。

陽性率がここまで少ないということは、第1波の時に多くの人が毒性が少ないコロナに既に感染していた説も違うということ。日本で感染が少ない原因は早い段階でコロナ感染予防の正しい知識が国民に行き渡った結果、ちゃんと対策ができていることに加えて、元々の衛生観念の高さや生活習慣が感染しにくいのだと思う。3密を避けていけば欧米のようにはならないと思う。

一方、集団免疫には程遠いから、軽い第2波、第3波は避けられない。3密を避けつつ治療薬やワクチンを待つのがベース戦略になると思います。

ただまだこの検査だけでは上記は断定できないので、もっと検査を広げる必要はあると思います


ソフトバンクGは9日、同社の従業員や医療機関の関係者を中心とする4万人以上を対象に新型コロナウイルスの抗体検査を実施した結果、陽性率が0.43%だったとの速報値を発表した。検査対象のうち5850件が医療関係者で、陽性率は1.79%。その他の3万8216件の陽性率は0.23%だった。
【コロナ抗体 0.43%】

ソフトバンクグループは約44000人対象に過去の感染を示唆する新型コロナウイルス抗体検査を実施し0.43%の人が陽性だったと発表」

この抗体検査に「陽性」だったからと言って「絶対過去に新型コロナに感染した」わけではありませんし「もう新型コロナにかからない」わけでもありません。「陰性」だったからと言って、「過去にかかったことがない」わけでもありませんし「これから新型コロナにかかる」というわけでもありません。今後のウィズコロナ時代を生きていくためにこの検査で行動パターンは何も変わらないわけです。

真の数字であったとして、国全体で抗体を持ち、コロナを抑え込もう‥というのは無理なのは伝わりました。孫さんいろいろコロナのことで動いていますが、裏にビジネスがあると考えるとなんとも言えません。現在の医療の状況と未来のことをちゃんと考えて資金配分を考えてください。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
17.6 兆円

業績