新着Pick
528Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高級時計より心地良いパンツ。キャビアより生卵。「手 に入れにくい物より、本当に欲しい物を買おう」というお話。
コスパと略すと急にチープに感じるが何に消費価値を感じるが、コスパの話しです。
一時街のケーキ屋さんがコンビニスイーツに押されて倒産というニュースが相次いだ後いまチャンスだと思う。
社会人になって初めて近所のケーキ屋さんが空いている時間に帰宅するし、在宅でもある。花を買う機会もグッと増えた。
魚屋さん、肉屋さん、行きたいと思うようになった。
便利だけじゃない、自分で吟味したい、誰見せるわけでもなく美味しいもの、美しいもの、快適なことに資源投下したい。
「どうやったら儲かるか」よりも「どうしたらみんなが喜ぶか」を考えるほうが、個人的には好きです、とサラっといえるところにちょっと嫉妬を感じてしまうなあ。「経年優化」というのもいいし。お風呂の時間、もっと大切にしようという気になりました。
こちらの対談、音声編集を担当させて頂きました。
ものの価値は値段で決まるものではないんだなということを再認識させて頂きました。価格というのはあくまでも外的要因。
大切なのは自分にフィットするか、自分が好きで価値を見いだせるかどうか。

とても大切なモノサシを与えてもらった気がします。
200年くらいかけて完成する。「道」は一人で歩くもの。でも人の間にいつかあるもの。そういう気持ちを手に入れたいと思った日曜の朝でした。
今回の対談は本当に目から鱗でした。同じ金額のお金を使うのなら、「幸せ」を最大化するように使ったほうがいい。そのためには・・という小山さんのお話には、納得しかありません。亀山さん、坂之上さんとの関係性も興味深かったです。
Work from Homeがこれからの"当たり前"になると、外部から見られる視点が排除された、自分に"見栄"を張らないピュアな"価値観"が間違いなく、基軸になると思う。誰かに対しての"見栄"を張る必要もなく、本当に自分自身と向き合い、本当に求めたいものを臨む。"本質"を突き詰める時間を持てることは、ある意味、贅沢である。今までの忙しい毎日と比べると、お風呂の時間も、ゆっくりと自分と向き合う"贅沢な時間"として使いたいですね…。
死して完成していく、文化になっていくというのは千利休の話でも腹落ちするなぁ。小山さんの湯道の話を聴いてると、僕の故郷、大分県は個人がその道を極めていく為に最高の場所だなぁ。
小山さんの仰る通り、これからは自分を見つめ、高めることに繋がる「道」の価値が見直され、ライフスタイルに取り入れようとする人が増える気がします。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。
合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア