新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
財物保険のビジネスは分散効果を高める為のスケールも重要ながら、集積管理と同種同質のリスククオリティを集めるアンダーライティングとマーケティングが重要です。日本におけるリスク細分型保険もそうですが、既存のリスクグループから良質の契約者群だけを抜くと、残りのリスククオリティが悪化するので料率が上昇、一方でスケールメリットが失われ、結果合計の総コストが上昇するということも起こり得ます。
行動経済学やAIを駆使したエンドトゥーエンドの本格インシュアテックと鳴り物入りだったがS-1(米国の目論見書)が出て蓋を開けると売上規模が70億円程度と小さく損失は100億円強と巨額。足元マーケットがテックセクターに超ブルとは言えデビュー価格は厳しいのでは。保険はスケールビジネス、デビューした後もその道程は長いだろう。
さて、価格はいかに…
意外と小粒のまま上場ですね、手元キャッシュがあるということから、株主側が流動化を急いだのか
そう言えば、前職では海外のフィンテック先進事例としてレモネードを見ていたなと懐かしくなりましたが、公表され始めた財務数値を見ると全然儲かってないんですね。売上高純利益率は驚異のマイナス150%とのこと。

https://news.crunchbase.com/news/insurtech-startup-lemonade-drops-s-1-revealing-sharply-rising-revenue-and-net-losses/

保険は規模の経済が働くビジネスモデルなので、今後の成長ストーリーによって黒字化・利益率改善が見込めるということにするのだと思いますが、赤字上場に対するマーケットの姿勢が昨今どこまで慎重になっているのか、気になります。
下記の記事が参考になる。ソフトバンクから調達した300億円を燃やして売上45億円増やしたのに損失も56億円増えるか。それで売上3倍っていってもどんどん損失も増えるよなあ。

ソフトバンク投資時に2000億円のバリュエーション。ぱっと見なかなか手が出しづらい案件。

データポイントが増えてAIで分析できるとどこまで収益性が高まるのか?そのインパクトで保険だからLTV大きくなるってロジックなんでしょうがいかんせん桁感が違いすぎる気がするし、チャーンも気になる。

このパターンでまだIPOできるのであればそれはそれで前向きに捉えるしかない。

https://news.crunchbase.com/news/insurtech-startup-lemonade-drops-s-1-revealing-sharply-rising-revenue-and-net-losses/
ソーシャルインシュランスのlemonade。Insurtechの雄ですが、コロナ禍で市場が難しい一方、保険やリスクオフへの需要が上がっている今が吉と出るか凶と出るか
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.5 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン