新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従業員の方のやる気インセンティブにつながりそうですね。国内市場においては生保業界もドンドン伸びる世界とは考えにくいだけに、ここは生産性をupして乗り切るという動きでしょうか。はたまた長期で見た人手不足への対応か
雇用される側からされると、選択肢が増えるのはいいことなのではないでしょうか。他方で、その背景を察するに、経営側はおそらく、若い人や経験がある方が辞めてしまう危機感が強いのではないか、と思います。
というのも待遇面や給与、市場価値などから考慮すると、生命保険の事務業務はいずれ、テクノロジーによって代替され可能性が高く、雇用を維持するための別のインセンティブが必要なのだろうな、と思いました。
モチベーションをあげる施策であるように見えますが、実際は流出対策ですね。
コールセンターやバックのルーチン業務は業界内であれば汎用性の高いスキルですので、他社が正社員化に動けば同調せざるを得ないということです。
生保業界はこの流れ。日生と第一は先行。
乗合代理店に負けないコンサルテーション・スキルを磨くモチベーションに繋げてほしい。
1〜3年スパンくらいで人がコロコロ入れ替わっても問題ないという職種以外は、今の時代においてはフルタイムの契約社員という職種そのものがあまり設ける意味がないですよね。
契約社員でも同一労働同一賃金などの均等待遇を求められますし、数年後には無期への転換も労働者側から請求できるわけですから。
それならば、正社員にしてモチベーション上げて頑張ってもらおうもいうのは至極当然の施策だと思います。
生命保険業界で契約社員の方々を正社員に登用する動きが進んでいます。
「日本生命がおととし3300人の契約社員を正社員にしたほか、第一生命は来月にも2000人の契約社員を正社員にする方針」
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア