新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マウントを取ることはポーカーでブラフを演じることと共通します。
ヤンキーが顔を飛ばして、メンチを切ることとも共通しています。
マウントは無益な戦い(負けること)防ぎたい防衛本能とも言えると思います。
カテゴライズは効率的ですが、特定の属をざんねんな人と呼称すること自体が残念の人達です。
人の行動心理を真に理解しようとすれば安直にカテゴライズはできないはずです。
どのような人生で、現在の環境はどうなのか思いを馳せることがこちらの平常心につながります。
自分の患者でも承認欲求やマウントを取ろうとする方はいらっしゃいます。多くは不安や恐怖がそうさせており、その不安と恐怖を共に理解して向き合いながら治療に進むとお互いにマウントは意識されなくなります。言い換えれば相手を理解しようとする態度を示し、安心してもらう(敵ではないと感じてもらう)ことが、人付き合いの自分の原理原則です。
そうはいっても、ほとんどの人が「ざんねんな人」に該当すると思います。

同僚が自分より先に出世すれば嫉妬心を感じるし、自分が先に出世すれば「俺の方が能力が高かった」と偉そぶる。

修行を積み重ねて不同心を身につけた高僧であっても、
「(別の寺の僧侶が)あの人は偉大な人だ」
という話を聞くと顔がピクピクするという話を聞いたことがあります。

あなたも私も「ざんねんな人」・・・だからこの範疇に当てはまってもくじけることはありません(^_^)
「え?そんなにすごい人なのに、知らなくてごめんなさい」

そう心の中でつぶやきます。初対面の挨拶で、すごい勢いで自慢されたときです。強烈なマウンティングですね。

でも、あとで調べると、まあ知らなくても仕方ないというレベルだったりするのですが。

人と同じことをするのに、人より上に見られたい。そんな人は多い。自分の方が上だと主張したって成長できないのに。

残念な人に会ったら「へ〜すごいんですね」って流して、反面教師にしましょう。
承認欲求力が強過ぎて、結果的に、マウントポジションを取ってしまう人達がリアルビジネスの世界にも多く存在する…。仕事は"一人称"では成立しない。"YES and…"という協働に必要となる視点を持ちたい。否定からは何も生まれない。他者からの学びや、異なる意見を受け容れることは、容易ではない場合もあるが、自身が知らない世界があり、実経験を既に積み重ねている人の知恵を自身のものに加えることが出来る貴重な機会として向き合うべきである。単に受け容れるだけでなく、更なる知恵となるように昇華させ、新たな"気づき"に繋げることに注力したい。一人で経験できることには限界がある…。他者が実経験を通じて得たKnowledgeを共有する意味合いを深く考えてみたい。その中の幾つかは、"Priceless"の価値あるものがきっとあると思う…。自身と異なる視点を持っている人は、新たな"違和感"を覚えさせてくれる、貴重な存在だ。決して、一人では辿り着けない"向こう側"に近づける機会となる。Inclusionの実践が如何に重要であるかが分かる筈だ。"違い"を活かせるようになりたいですね…。
どんな世界で生きてるんだ笑
ここまで振り切ってる人いるかなぁ
そんな程度の低い人と付き合わないといけない自分にも原因があるように思いますけどね。。。
まぁ実在するんでしょうけど得てしてマウントをとらないと自分の立ち位置を示せないような人種は一定以下の水準の環境にたまっている気がします
残念な世界なんだから残念な人がいて当然だと思いますけどね
残念な世界から抜け出せばよいと思います
自分も無意識にマウントとってしまっている時があると思うので気を付けたいところです。NewsPicks でコメント付けている時点で、客観的であろうとしているけど、マウントになっているかもしれないので。
「人間も、自分より下の人間を作ることで精神的安定を求める」
元来人間とはそういうものだということを理解することから始めるのが良さそう。マウントもひどくなればいじめにつながるとも。
自己アピールも大事な時代なので自ら発信することも非常に大切な時代だと感じますが、バランスは意識すると良いのかもしれません。
こういう本を買う人も「俺はそういう残念な人じゃない。」という前提で、見下したり、安心したい気持ちで買う人が少なくないように思います。
そういう意味ではその人たちも残念なように思うし、残念な人を利用して残念な人に買わせる本を書いた著者も残念だし、こんなコメントで逆にマウントをとっているわたしも残念。

みんな、残念な一面もあれば良い一面もある。
ってことで。
コメントの内容以前に、NPでニュースにコメントしようとしている時点で、心のどこかにマウントをとりたがってる自分がいるんだろうな…と感じます。問題は、そんな自分の一面を受け入れられるかどうか?そんな自分の一面をどうコントロールするか?だと考えます。
だいたいみんなそうですから!
ざんねん!