新着Pick
1553Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートワークが普及しはじめ、「通勤手当どうする?」「オフィスってそもそも必要だったっけ?」という議論が起きている企業も多いのではないでしょうか。むやみに切り詰めることなく、効率的にコスト削減するコツを教えてもらいました。企業だけでなく、個人の家計でも応用できそうです。
この会社は一時期話題になっていたので聞いたことありましたが、コスト削減に特化したSaasモデルが成り立つには、例えば、以下の条件があるかと思いました。

・企業の業種・規模に関わらないベストプラクティスが存在する
・そのベストプラクティスは世の中に浸透していない
・多くの企業がコスト削減に対する高いコミットメントがある(費用の洗い出しとか面倒なので普通やりたくないからコンサルに頼む)
・一過性のコスト削減プロジェクトをやっても徐々に無駄なコストが出てくるので継続フォローが必要

ちなみに、コンサルティング会社が数多くのコスト削減プロジェクトをやっている背景の一つには、「社内の利害関係調整の為に第三者のアドバイスが有効」だからです。

Leanerがコンサルティング無しのSaasプロダクトだけで、顧客企業内の力学に対処できるのか、という点には興味があります。誰が見ても文句が言えない様な、「明確・公正な指標による評価方法」を開発しているということでしょうか。
なるほど!と思いました。個人的には総務の女性社員に「何でこんなことやってんの」「バカじゃない」「ムダ」と思うものを聞いて、それをなくせばすぐ3割くらいはコスト削減できる(結果として生産性も上がる)ような気がしますが…。権威がないと無理というのも現実でしょう。
コストに限らず業務を見直す上でいつも参考にしている考え方は「ないじゅか」です。

な…なくせないか
い…一緒にできないか
じゅ…順番を変えられないか
か…簡素化できないか

記事にあるようにコストを見える化して、イメージできるまで分解した後に、ないじゅかの呪文を唱えると、削減リストが研ぎ澄まされていくように思います。
コスト削減プロジェクトについて、記事にある通り重要なのは「単価」で、記事では社内での単価の違いを見るとしていますが、大手のコンサルティングファームでは各社のコスト削減をしているところで、他社での単価水準の情報を持っていることが強みになっています。なので、購買のコスト削減についてご相談頂いても「なるべく経験が多いファームが良いと思いますよ」と返答しています
「特別にお教えします」…という中身が以下の4つです。

どれも当たり前の話で、固定費と変動費に分けて、層別して、分析、対応していくだけの話だと思います。

これで、高いコンサルティング費がもらえるのでしょうか?極めて疑問です。
確かに「提案」は簡単ですが、「実行」は難しいので、そこに価値を求めるのであれば、委託はありそうです。

(以下、記事中から引用)
1 コストを網羅的に洗い出し、全体像を把握する
2 契約の単価を、最低水準まで下げる
3 獲得した契約条件、契約先での調達を社内で徹底する
4 使いすぎるといったことがないよう、調達量を適正化する

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
意外と盲点はSaaSのライセンス料。そんなにシステムを使うわけじゃないけど、とりあえずユーザーアカウントを発行してもらっているって人がそこそこいます。
その方々の中で今後も使わないようであれば、アカウント発行を止める。これだけでライセンス料を下げることができます。
コスト削減という気合いや勢いで取り組んでしまいがちなテーマに、仕組みを導入することで長期的に解決していく、さらにそれをソフトウェアでより効率化していくというLeanerの取り組みはあらゆる企業にとって欠かせないものになると思っています。
働き方改革に注力している大企業において、通勤手当をなくしオンライン飲み会への補助金など、社員が喜ぶことに還元させていく動きがでてきています。

ただ削減するだけではなく、その代わりに何を行うのか。
その削減がもたらすポジティブなことはなんなのか。

ひとつひとつの施策が社内外からどのように見られるのか、その影響も考慮していくことが必要になりますね。
コスト感覚は本当に文化ですし慣習化することが大切だと前職時代に感じました。お金を使うことが当たり前の会社と使わないことが当たり前の会社では発想、感覚は全然違います。前職は完全後者ですが、この感覚を身につけさせてもらったことには感謝しています。使うなら効果を示しコミットする。最も安いところにする。スタートアップでは特に大切です。