新着Pick
929Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の農業の生産性は、全産業の27%程度しかない、というのには驚きました。保護行政がうんだ非効率。

COVID-19パンデミックで、輸入に依存しない食糧確保が重要になりました。農業の革新によって生産性を高め、まずは自給自足ができるまでに。さらに輸出で儲けられるように。
大規模集約化とかのポジショントークもなくて、トップランナーの記者の方が取材してマスに向けて発信するだけでこんなに違うんだという、関連領域のいちプレイヤーとして感心と感謝が。とても面白かったです。

農林業センサスなどでは規模やスタイルに応じて主業農家、準主業農家、副業的農家、自給的農家という区分をするのですが、その中でも人数では副業的農家と自給的農家が多いのが特徴で、その中でも「誰に」や「誰が」を明確にすることはとても大事なことだと思います。

【追記】
ちなみに農業は他の産業よりも資本主義的で格差社会的な構造なので、平均値よりも中央値を調べてみると面白いかもしれないです。
素晴らしい特集記事でした。
大泉先生のような、自身の専門分野(農業) とビジネスとの掛け算ができる専門家は、今後の現実的な方針を決める上で必要不可欠かと感じました。

一方、大規模効率化をするべきなのは一次産業全般でも言えることかと考えますが、生産性改善を実現するためには、急に売上は5倍とならないので「大量の離職者」を生み出すことは避けられないように感じます。なので、大規模化・効率化するためには「誰がどんなインセンティブで、そんな返り血必至な矢面に立てるのか?」を検討するべきと考えてます。
農業界は市場も構成メンバーも非常に大きい業界でありながら
都心で生活と仕事が完結している人にとっては謎の世界であり、
農村で暮らしている人たちにとってはどうしても目前の課題に目がいって俯瞰してみることができない。
よって論点はすれ違いがちです。

自給率、生産性、就業者の平均年齢など目立った数字を追いかけると、日本農業には未来がないかのように見えたりしますが
実際に農業界にそんな危機感があるかというと普通に頑張れば成果も出るし
年収1000万とかなくても十分に豊かな暮らしが農村ではできるのであまり危機感も感じません。
儲かっても使い道に困るから、そこそこ農業で結構ハッピーだし持続性も高い。

大規模化、生産性向上、スマート農業、農協に頼らない物流商流など最近のトレンドは一部には適応可能ですが
大部分にはあまりにも現実感がなく、農業や農業者のためというよりは関連新規参入事業者のための提案がほとんどです。

それでも農業に対する世間の関心は相対的には高まっているし
こうした場で議論が交わされることで徐々にリテラシーが高まっていくことは重要だと思います。

なんだか、コメント出遅れてしまい、玉虫色のコメントになってしまいましたが
私は日本の農業の玉虫色(多様性)は必ず世界的に評価が高まると信じています。
SDGsとか日本の農村以上に実現してきたモデルはなかなかないのではないでしょうか?
世界の都市が日本の農村に学ぶことはとても多いと思います。
少なくとも私はそう信じて農業、農村と関わっています。
「市場や環境変化に迅速に適応するマーケット・イン型の農業」ができる方は、既に切り替えられています。
大規模化を図れるところは、既に大規模化を図っています。
フードバリューチェーンの最適化に関しても、10年くらい前から言われていますが、なかなか最適化が図られないのは、高齢化や商習慣、デジタル化が進まないことなど、様々な要因があります。

日本の農地の4割は中山間地域にあるため、土地の制約上、大規模化を図るにも限界があり、しかも飛び地になっているためスマート農機を導入しても生産性を向上できないのが実態です。

他の産業が取り組んできたことを導入するだけでは、なかなか解決できないほど課題が山積しているのが、日本の一次産業です。
生産性の低い中小企業が多すぎるから、それらをなくしていけばいい、というデビットアトキンソンさんの論と似てるかな。ゼロから立ち上げて、それを継承して、というビジネスは、生産性の低いものであっても、らそのビジネスの中に、オーナーがいて、彼や彼女はそれなりのリスクを背負っていることを考えると机上の空論にしか思えない、が正直な感想。実際にやっていない人がデータから積み上げてお話ししている典型例ともとれる。

日本の農業が袋小路産業になってるみたいなことなのであれば、筆者も含む我々の税金で、令和の農業改革徳政令を出して、本当はやめねばならない農家にやめさせてあげて、続けたい人に安価に書い取ってもらうような形で産業構想を変える、というような、100年計画がベースにならないと根本は変わらないと思います。
>そもそも農業は、大型トラクターなどの機械や資材のために多額の費用がかかるため、小規模よりも大規模で行った方が、生産効率が高まりやすい産業です。

小規模で運営することによるデメリットが如実に現れている代表的な事例ですね。小規模だと上記に加えナレッジの蓄積にも非効率です。


>背景には効率の悪い小規模農家でも保護しようとする農業政策があります。

外的に襲われる事がないオリの中で育てられた猛獣のように、
保護する事によって本来産業で働くべき経済のエコシステム(競争環境→生産性向上→マーケティング 等)が機能しにくいという側面があります。

戦後のタイミングにおいては一定の役割を果たしたこの精度が転換するチャンスはあったものの、保護維持の論調によって国民の意思決定がなされたという背景があるんですね。

これだけ大きなマーケットなので、ここにおけるアップデートがなされれば、日本の国際競争力に与える影響力が大きいです。
規制緩和による生産性の向上は他の産業を見ても明らかですね。特に農業は歴史があるので、バリューチェーンの工夫の余地が多い印象です。

ただ、生産性を高めると個性が失われる懸念もあります。
ガラパゴスの様に希少な品種や味わいが残り続ける多様な食が全国に広がる事を期待します。
それには外食産業だけではなく、内食におけるレシピサービスとの協調も重要と思います。
個人的には料理を嗜むので、その土地の美味しい新鮮な野菜が手に入るというのはそれだけで価値がありますが、その特性にあった調理方法やレシピがあるとより嬉しいです。


余談ですが、ふるさと納税である地方の野菜定期便を返礼で毎月もらっているのですが、チルド配送の温度が低過ぎて野菜が凍ってしまい風味や食感が落ちてしまうことがありました。
今の宅配サービスだとまだ生鮮食品の個配には課題が多いと思います。こういった点が解消される事も日本農業の発展に繋がると思います。
控え目に言っても日本の農産物はかなりおいしいのでノウハウ提供も含めた輸出がもっと武器になるポテンシャルがあるはずだと思います。
ガラパゴスの本質は、
小規模と、農業に枠をはめてしまった(そこに補助)
ことなのですね。

逆に伸び代が見えるように思います。