新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは良いまとめですね、わかりやすい。ニュートリノ天文学は、私自身もシリアスに研究に取り組んでいる研究分野として注目していて、最近も南極にあるニュートリノ観測所のIceCubeでニュートリノが受かったとの報告がありましたね(※)。

【※】"A high-energy neutrino coincident with a tidal disruption event"
https://arxiv.org/abs/2005.05340
日本がニュートリノ研究をリードできたのは、ノーベル物理学賞を受賞した小柴教授が率いる研究チーム、測定器を開発した民間企業の浜松フォトニクス、そして投資した国家という、産官学の連携が上手くいったからだと思います。

=参考=
ニュートリノを探るーカミオカンデ、スーパーカミオカンデからハイパーカミオカンデ計画へ ニュートリノ・陽子崩壊を探る。
https://www.hamamatsu.com/jp/ja/why-hamamatsu/academic-projects/exploring-neutrinos/index.html
ここまで突き詰めて考えると、科学の世界と哲学の世界の境界ののりしろ部分のような感覚にもなってきます。

小柴先生と、スーパーカミオカンデの見学に行ったことを懐かしく思い出しました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません