新着Pick
513Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どこよりも早くドローンによる宅配サービスを発表したAmazonは,規制の厳しい米国を逃れ,米国外を中心に開発を進めていました.
https://getnavi.jp/digital/94491/
そして,昨年の夏に面白い形状のハイブリッド機を発表しました.
https://newspicks.com/news/4000579?ref=user_2112738
その時の話では数か月以内にサービスインとのことでした.
https://newspicks.com/news/3952673?ref=user_2112738
しかし,FAAから未だ認可が下りていません(たぶん).
一方,昨年には,一足早くUPSとAlphabetのドローンに認可が下りました.
https://newspicks.com/news/4273507?ref=user_2112738
さてAmazonは今度こそサービスインするでしょうか.
2017年頭にPrime Airチームとワシントンでディスカッションしてから早3年半。コンセプトや技術、また大事な検討ペースは同じレベルにあった日本でありましたが、今や相当な時間を開けられてしまいました。

Gritをもって着実に実現を目指して頑張っておられることも成功の要因かと思いますが、当時を思い返せば彼らはローファームや標準化団体において積極的な活動をなされておられ、事故リスクに起因した社会不安を試験や免許、技術によっていかに科学的に下げることができるかについて、大変深い造詣があったのが印象的です。

アメリカに学び、アメリカに追いつく。
そんな気持ちでより良い社会実現を日本も目指していきたいですね。
実証実験ベースではポジティブな事例も多いですが、郊外だけでなく都心部での運用など実用化により近づけば良いなと思います。
よほどの田舎でないと、地上の人や空中の飛行物への安全が確保できません。
何度も伝えますが、ドローンは、空中ドローンより、陸上ドローンの方が、安全性の面で、かなり普及が早いです。
実際にアマゾンのテスト運用も、実際の家屋を使ってやってますからね。
倉庫での包装、出荷まで完全自動化。自動運転のトラックとドローンによる無人配達。なんか昔描かれたSFっぽい未来が現実になっていく感じがしてワクワク。もちろんまだまだいろんな技術的&法規制的なハードルはあると思いますが、こういうワクワクってビジネスには大事なモチベーションな気がします。
ドローンが飛んできて、ベランダで受け取れると玄関まで行かなくて良いし、ベランダへ置き配とかだと盗難の心配も減る。高層マンションの上の階だと厳しそうだけど。
Waymoの自動運転と同じく、まずは限定的な範囲での実用化。しかし実績次第でどんどん進めそう。明らかにコロナが追い風。
整理することが多すぎて実際はもう少し後になるような気もしますが。
コロナ禍でECの隆盛など配送サービスへの負荷上昇と人手不足などを考えるとソリューションとしては早くほしいところ。具体的な発表を待ちたいです。
限定なりに始めることは素晴らしい。
実際を考えると安全・安心(経路の方の)、騒音があり、
どのような運用から開始されるか、注目したいです。
Amazonの付加価値はリアルと変わらぬショッピングインフラなので、陸における生産性の悪い場所は、空に切り替えていき、徹底した効率化を図りそう。ここでリアル店舗のデメリットすらカバーしそうに想う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績