新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
===追記のお知らせ===
株主総会の結果、コロワイドの株主提案が否決されたとのことで、その旨を追記いたしました
=======
いろんなメディアやニュースに触れていると、
知らない単語が多くて、ちんぷんかんぷんなことも。
もっと気楽にニュースを読みたい、知りたいな、と思うことが多くなりました。

世の中にはさまざまなことをわかりやすく解説してくれる本や記事はたくさんありますが、
今知らなくていっか、と積読したりしてしまうことが、、正直私は多いです。

でも、その日話題になるニュースは、ビジネスパーソンとして会話にちゃんとついていきたい。
コツコツ勉強したくないけど、今日知っておくべきことは短時間でリアルタイムに押さえたい。
そんな自分のためのコンテンツとも言える、「10コマ漫画」を新連載としてはじめました。

タイムリーなニュースを「気楽」に読めるよう、記者と解説していきます。特に、中〜高校生、大学生や若手社会人のユーザーの方に、ぜひ読んでいただきたいです!
文字が多いとなかなか読む気にならない、文字が黒い塊に見える、というすなださんの言葉にショックを受けながらも、新しいコンテンツを作ってみました。
とにかく初歩的な内容なので、さぁ読むぞ!と気を張ることなく、気楽にスクロールしていただけると嬉しいです。
いやー、わかりやすいですね。
そして!こーゆーの見ると「シェア(株式割合)は力だ」と思いますね。
ベンチャーは「資金調達は必要だけど、外部割合をむやみに増やしたくはない」という気持ちで資金調達に臨みます。

ですが、投資家側は当然ですが、なるべく少ない金額で大きなシェアを取りたいと思います。シェアが大きいほうが上場時などのエグジットタイミングでのリターンが大きいですから。

企業価値(バリュエーション)が10億円なら10%の株式で1億円調達できますが、企業価値が1億円だと10%の株式で1000万円の調達しかできません。

なので、企業価値(バリュエーション)は、いつもベンチャー側と投資側のせめぎ合いのポイントになります。

ベンチャーと、ベンチャーキャピタルは、いわば同志でありパートナーであるともいえますが、このバリュエーションだけは、利益相反するなぁと思います。笑

シェアは一度、薄まってしまう(ダイリューション)すると、不可逆だと良く言われます。
そのため、資本政策は、慎重に策定・実行しましょうと言われてます。
おもしろい!

先行研究では、株主提案が通る確率は、米国でもかなり少ないし、日本はもっと。だいたい30%前後。むしろ、提案することで、こうして漫画になったり、社会的関心を引き起こすことが、間接的にガバナンスや経営方針の変化につなげるために、行うアクティビストや事業会社も存在するぐらい。

ガチで株主提案を通したいなら、機関投資家を説得しにいかないとかも。いま、それに関する数理モデルを勉強中なので、すごく関心あるテーマです。
可愛いキャラクターがわかりやすく株式と経営の仕組みを解説しています。株式を公開することでメリットもありますが、今回のテーマになっている企業のようにリスクもあります。
最後まで何者か分からないこのもちもちした謎の生命体(by太田さん)と、泉副編集長の「文字が多いとなかなか読む気にならない、文字が黒い塊に見える、というすなださんの言葉にショックを受けながら」
が面白すぎてわろとります。
ちょっと落ち着いてからもっかい読みます。
10コマ漫画という新しい記事のスタイルでわかりやすく楽しく学べました。今日、株主総会があるので、この記事を読んでこれから出てくるニュースを理解しやすくなりました。
なにこのキャラクターw 名前とか、あるのでしょうか?
金融腐食列島オススメです
この連載について
日々のニュースをチェックしていても、専門用語が多くてよく分からない。文字が多いと、記事を読む気にならない──。そんな悩みを抱えているビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が、10コマの漫画でニュースの基礎知識を解説する。肩肘を張らず、気楽な気持ちで経済知識を学んでみよう。