新着Pick
736Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
名刺は交換したあとにデータ化するので、最初からデータの方が便利ですよね。
一方で名刺交換は挨拶の役割が強いので、いままでのアナログなフォーマットをデジタルへ変換するのは簡単では無いと思います。

単純にスマホアプリで解決するにしても、ほとんどの人がそのアプリを利用しているか、相互互換が必要になりますね。

実印や印紙税は、個人が印鑑かサインかを選べるようにしてもらいたいです。印紙税法がピンと来ないです、、、
ハンコはもちろん、学校から父兄に配られる大量の印刷物も不要です。すべて電子化したら良いと思います。その方が効率的なだけでなく、先生の負担軽減にもなり、おまけに環境にも優しいですから、良いこと尽くめです。
戦後初(笑) ハンコ不要のDocusign設立は17年前でいま時価総額2.7兆円。名刺不要のLinkedin設立は18年前で既にMicrosoftが2.8兆円で買収済み。遥か昔から可能だったのに頑として変わらなかったものがコロナで急に変わるのか。
名刺は所属、名前とメアドくらいしか活用してないのであれば、会議の前に挨拶がてらメールなりTeamsグループをつくる文化ができればいい。あとで議事録回したり連絡したりが楽なので。Office365でLinkedInと連携しておけば、相手の情報を見るときにLinkedInのデータも見れる。事前に経歴などもわかるので、さらに効果的です。
間違いない身分を証明できるデジタルIDと名刺が欲しいです。

名刺のスキャンや、単なる電子的な名刺とは違いますので、勘違いなく。
きちんとした認証付きのもののことです。

何故か?ZOOMで初対面の人は、性悪説で考えたら、一体誰なのかわかりません。

Linkedinで、経歴詐称していてもわからないのと同じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
押印の電子化はかなり流れができていると思います。名刺交換もアプリを使えば非常に簡単にできるので、リアルの場でもなくなると嬉しいです。
いままでが馬鹿すぎでした。

これを機に一気に変えて欲しいですね。古い世代の意見を取り入れながらやると、彼らはトライもせずに今までの方法に固執し、かつなまじ意見力があるため。

まずは使わせること。それでも対応できない、デメリットが多いと分かった時点で対策すれば良い
こうした問題は、少しの配慮をすることで解消されるという。リアクションを大きくしたり、口に出して相づちを打ったり。相手への気遣いがこれまで以上に重要になる。
→マナーにしても教える人もいなければ、正解も分からない時代へ。対面を良しとしていた企業からすると、既存の取引先との関係性が重視されるでしょうし、新規営業の会社は変えず顔を出し続けるべきか、オンラインの気遣いでいくべきか。。おそらくどちらもやらないといけないんでしょうね。
平時に変革は起こらない。
その意味でコロナが変革のきっかけとなったのは事実。

しかし人間は忘れていく生き物なのでこのまま本格的な旧来の仕事の仕方、ビジネスのルールが変革を遂げるかどうか。

何となくで在宅勤務を嫌がっている40代以上の決裁権を持っている層と、一番変化を嫌う国や官庁がどう動くか?が大きなポイントだと思います。
名刺はデータのほうがいい。ハンコはなくなるに越したことはない。それより自分にとっては全仕事が遠隔で済むことの時間コスト削減が一番の効果です。コロナ後も続けたい。