新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染してから発症するまで5日程度、発症してから診断されるまでに数日~1週間程度かかる場合が多いため、この2週間で新規に診断された人が実際に感染したのは、宣言解除前であったケースが多いと思います。

宣言解除後の行動の変化によりどれだけ感染が広がっているかは、今後の1~2週ほどの動向をみていく必要があります。
感染がみられる地域が現局している今は、
経路不明や年代別人数など、全国まとめてみてしまうと逆に実態が伝わらないです。
地域ごとに感染状況が違うので、地域ごとそれぞれで対策も違ってきますので。
検査閾値や検査タイミングが以前より低下してきている現状、2週間の経過で既に緊急事態宣言解除後の感染者が検出されてきていると考えます。

経済活動を再開し、コロナウイルスとの共存を進めていく上で、感染者が出てしまうこと自体は許容する他ないようにも思いますが、その中でリスクの低い若者が「目立つ」のであれば今のところ方向性は間違っていないのではないかと考えます。

皆が感染対策を続けるのは前提ですが、これからも高リスクの方、高齢者を感染から優先的に守る必要があり、若者や低リスクの方が「目立つ」形で共存していくのが、現実的な路線ではないかと思います。
宣言解除2週間の状況の多くは、宣言期間内が原因になっているはずです。

ニュース等で「2週間後の数字がどうなるか?」と盛んに指摘していましたよね~。

そうであれば、2週間経過後のこれからの感染状況を注視すべきじゃないでしょうか?

ご都合主義的な記事で煽るのは止めるべきです。
緊急事態宣言解除2週間経過時点でのこの感染状況なら十分コントロール出来ていると考えて良いと思う。

これ以上経済活動、生活を疲弊させないよう、そしてワクチンなど強力な対処手段ができるまで時間を稼がないといけない。

もう聞き飽きるくらい特定の業種が仇の如く報道されているが、彼らの生活を援助しながら、大きなクラスターにならないよう制御するしかない。

マスコミの報道もこれから1年以上同じスタイルでは、国民の不安や心配を煽るだけになる、第2波が来るまでは少し伝え方を工夫して、気持ちが和らぐ様な形を模索して欲しい。
東京の「夜の街」対策も具体的な取り組みが
固まって来たようだ。
会見をきちんと聞くと、国都区に業界の協力も
噛み合って来ているのがわかる。
程なく効果が出てくると思う。

https://www.news24.jp/sp/articles/2020/06/07/07657649.html
私が住んでいる市は、東京都区部への通勤がとても便利だと言われている場所ですが、4月以降の感染者は、半分以上が40代以下でした。つまり、この記事にあるような感染者の分布に極めて近いものです。相違点は、80代の感染者がいないことです。
つまり、経済活動が行われれば、必然的に若い層の感染者が増えてしまうのだと思います。
若い層が感染者の主体になった場合に、医療機関の逼迫度がどうなるのか?仮に重症患者が極めて少なければ、経済活動に伴う感染者は許容するのかどうかは、国としての判断になると思います。

ただし、歓楽街が若い層の感染源になっているのであれば、歓楽街で働く人の陽性者はコントロールする必要はあると思います。HIVのように性行為が主たる感染ルートになるわけではないだろうに、何故歓楽街に感染者が多いのかは、もう少し経ってみないと分からないでしょう。もしかしたら、馬鹿騒ぎしている居酒屋でも同様になるかもしれませんし。
要は、濃厚接触の濃厚度合いが分からない訳ですから、もっと事例を重ねないと客観的な判断は難しいとは思います。
緊急事態宣言が解除されて、ほぼ2週間経過しましたが、ウイルスの潜伏期間を考えると、妥当な時期なのかなと思います。
だからと言って、経済活動を再度止めるのも、今後の事を考えるとリスクが伴う。
となると、例えば歌舞伎町で行うような検査然り原宿然り、若者が集いそうな場所で出張検査所を設営し、検査数を増やしていくことも選択肢としてあるのかなと思います。(検査所の医療従事者には特別手当が支給されればベスト)
NewsPicksの新型コロナタブの1番上にある数値を毎日見ているけど、感染者数の割に死亡者数が伸びないし、回復者数が飛躍的に伸びた。

闇雲に感染者数を引っ張り出して、戻りつつある経済活動を止めることに繋がらないことを切に願う。

感染経路不明って、特定はできなくても「こことここには行った」ということから、範囲は絞れるはずで、「(コロナじゃなくても言えないようなお店に行っていたけど)いやぁ、どこにも行ってないですけど」みたいな人がいたりするのでは…と思ってしまう。
経路不明の中に「外出先を言えない、言いたくない」はどれほどあるか気になる。自己責任論が強くなるほど、感染経路を隠す人も増えるのでは。