新着Pick
581Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ゴールドウィンは卸小売バランス以上にノースフェイスというキラーコンテンツの日本ローカルマーケティングが可能なところが大きい。
スター選手を起用したスポーツブランドの広告を横目にセレクトショップとの別注モデルを次々開発し、それを買い逃したフォロワーはオリジナルモデルを買う。ウィンウィンの連鎖。
本国とのライセンス契約にも成功のキーがありそう。
ワークマンとノースフェイスの好調ぶりは群を抜いていますね。いろいろ学びがある記事。

ちなみに、ビフォーコロナ時代からアウトドアの売上高は伸びていました。(2016~2019年にアウトドア市場は18%成長。ウエアやシューズを普段使いするライフスタイル分野は同期間に43%伸長。矢野経済研究所より)

ウィズコロナには密を避けるためにも、キャンプやバーベキュー人気が高まるでしょうね。
ノースフェイスもワークマンも、アウトドア・ワークウェア専門ブランド発という専門領域で高めた品質の良さとコストパフォーマンスがズバ抜けているところがポイント。コストパフォーマンスはユニークなポジショニングと規模の経済が理由。
ホワイトカラーよりも上、ブルーカラーよりも上、中間ではない、そんなスカイブルーカラー層がこの国で形成され始めているのではないかと思うのです。
確かに、私も大学生だった90年代前半に元町でノースフェイスのダウンジャケット購入した記憶があります。
ゴールドウィンの卸売と小売のバランスの良さは、ファストリ、UAに比べ卸があるところで強く感じます。小売が伸びた方が利益率は高くなるような感じもしますが、販管費がかかってしまうため、卸の比率をある程度保つのはいいと思う。
ワークマンは「ワークマンプラス」がSCへの出店も進んでおり、ファミリー層だけでなく、テレビの影響もあり、比較的高齢のユーザーも獲得しているように感じる。今後、ECの強化は必須だと思いますが、ワークウェアブランドからの脱却がうまくいきつつあり、スポーツウェアブランドの代替えのような印象さえ与えつつあるので、伸びる可能性はあると思います。
全く違うセグメントの2社を比較していませんか?

新型コロナウィルスにより、市場が「高級」と「コストパフォーマンス」の二極化したので、この2社の強みが活きて、結果的には2強になったのでは?と思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
支持されるものは相反する2つの要素を兼ね備えているものと教わったことがあります。ワークマン商品をよく購入しますが「低価格なのに高機能」がシンプルに感じること。加えてデザインが変わり対象顧客と使用場面が広がった。商品作りもマーケティングもどちらも噛み合っていますね。
株式会社ゴールドウインは、スポーツウェア、スポーツ用品の製造販売を行う会社。 ウィキペディア
時価総額
3,259 億円

業績

株式会社ワークマン(英語: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。 ウィキペディア
時価総額
8,070 億円

業績