新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
USでは想像を絶する議論が巻き起こっており、COVID-19どころではなくなってしまいました。特に言論空間を司るFacebookやTwitterは、経営陣の一挙手一投足が社員の離脱に繋がっています。

結論から述べると、私はこの問題には「表現の自由」と違法表現とは別に、もう一つ、「編成権の独立」という大きな問題が浮き彫りになったと思っています。
つまり、経営陣と編成権が同一化していることに大きな問題があります。

Facebookが社内で行った説明会によると、今回の一連の意思決定は、CEOやCOO、CTOらによる決定だったとのこと。しかし、なぜ経営陣があるコンテンツの掲載可否を決めて良いのかは実はよくわかりません。
メディアでは長く議論されてきた「編集権の独立」とパラレルで考えるべきであり、政権や広告主らとは距離を取った独立の編成部がコンテンツ編成に携わるべきではないでしょうか。
アルゴリズムと人によるコンテンツ編成を行うUGCプラットフォームが、経営陣の鶴の一声でコンテンツ編成を変えられるということが浮き彫りになった事案だとおもいます。
ある一定程度のSNSの規制は賛成です。

そう言うと言論統制だとか表現自由だとなりがちですが、私の考えは以下のようになります。

・駄目なもの
誹謗中傷、人種差別、個人を攻撃するもの、人を傷つけるもの、殺人予告等違法なもの、フェイクニュース

・許容されるもの
論拠を伴う批判、風刺、(ウィットに富んだ)野次、政治的見解、冗談


基本的に面と向かって言わないことが、SNSだと許容されている感じになっていますが、それは一定程度是正されるべきかと。言論統制と叫んでる人たちは、多くの場合公の場で議論できるほどの大した論理もないように感じていて、誹謗中傷にあたる場合もありそれは制限されるべきかと思います。

インフルエンサーだからと言って誹謗中傷は許されない。数の暴力みたいなものはいじめでしかない。ちゃんと議論になっているのか?相手と会話が成立していないものは議論ではありません。

また、専門家知識を持ってる人がそうでない人と議論というか言い争いをするのは見苦しい感じがします。プロとプロの熱い議論は、読んでいて学びがありますが、そうでないものには個人的には興味が湧きません。

さはさりながら、リアルと完全に一致している必要もないかと思います。ネットで匿名だから発言できる人達、また文字で議論できることで有益なこともあります。

匿名と実名の間の世界観や倫理観というのが新しいスタンダードとなると考えています。その世界観についてどうあるべきかの議論が始まったのかと感じています。
社内外からの多くの批判を受けて、ザッカーバーグは投稿内容に関する規定や対応を見直し、厳格化を検討する方針を表明した。

対応がブレブレ…

個人的には国民に選ばれた大統領の発言の是非を一企業が決めるべきではないと思う。中立なプラットフォームではなくメディア企業ということならそれもアリだけど。そうなるとユーザーの投稿内容の全てに責任を持つ必要が出る。この辺のルール作りは国が主体的になって決めていくべきだと思う
大きく方針を変えたわけではない。
もう一回総点検してその結果必要があれば変える、と言っている。
https://www.facebook.com/zuck/posts/10111985969467901

社内からあれだけ憤懣噴出したらこれくらいは言わないと収まらないだろうし、言っている事はまともだし、朝令暮改というわけではないし、常に見直し変更を加えていくのは当たり前と言えば当たり前。
つまり、心配するならむしろこの程度で社員の反乱がおさまらないかもしれない、という方を心配すべきだろう。
トランプ大統領が逆ギレしプラットフォーム規制という論理矛盾の無理筋を出してきたことは、決して看過できないものです。表現の自由は人権の根源であり、情報の自由な流通は、人間らしい暮らしのためにも、自由経済のためにも必須のものです。記事は、フェイスブックが内外の批判に耐えられずに動いたという見方をしていますが、プラットフォームとしては、当然の結論を下したと思います。ツイッターと連帯して闘ってくれるものと信じています。
この問題はSNSがどうか以上にこれまでのFacebook上での問題を含め人権や市民権の問題まで議論が及んでいます。

20億人以上が利用するプラットフォームは既に広大インフラになっているので、何処かに偏れば別のところに歪みが出てきます。難しい決断だと思いますが、プラットフォーマー自体の思想がより問われていく事になると思います。

This Week, Mark Zuckerberg Sided with Donald Trump. History Won’t Forget It.
https://www.motherjones.com/politics/2020/06/mark-zuckerberg-donald-trump/
今やマイクロソフトなど広告主も引き上げるという報道もありますし、ESGではないですが企業姿勢が問われる状況になりつつあります
一歩も二歩も対応が遅れているザッカーバーグ。言われてごねて最後にやるというのは宜しくない対応。
SNSでの投稿にはある程度、規制をしたほうがいいと思います。特にトランプの言動は、アメリカを分断するもの。差別的発言、誹謗中傷などネットでの言葉の暴力は目に余るものがあります。それが、日頃あうと非常におとなしく、常識的な方が、過激になったりする。何かネットだと相手が見えない分、平気だと思ってしまう。しかしながら受け取ったほうはダメージも大きい。人々がよりネットで常識的になることを期待するより、厳格に規制することのほうが現実的だと思います。ネットでの過激は発言で自殺者などもでる、このご時世、やはり何等かの規制が必要なないでしょうか
表現の自由と公共の利益のバランスはメディア界では古典テーマですが、SNS、特にアメリカの大手にとっては今なお揺れる新テーマ。だけどその編集権をCEOが一人で担っているようで、システムが見えないのが不自然。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績