新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
様々な要因があると思います。
・もともと英語による教育で国際的に優秀な学生を呼び込むことができる
・上記と相まって、卒業生が国際的に活躍。
・教授陣も国際色豊かかつ教育バックグラウンドも豊か
・過度とも言えるほどの人材流動性の確保
・(これは賛否あるところですが)あれもこれもではなく、明確な選択と集中。特に昔からAI系の分野に注力していたことが花開いている感がすごい。

NUSのインタビューということで副学長のTsuhan Chen先生 (コーネル大学時代にお世話になりました)が出てるかと期待しましたが、違いました。

米中AI競争、勝つのはどちらか 専門家に聞く
https://newspicks.com/news/3457707
シンガポール国立大(NUS)は何がすごいのか。朝日新聞社で私の先輩記者、いまスマートニュース メディア研究所で研究主幹を務める山脇岳志さんが新旧トップにインタビューしてきました。
何か一つこれ、という特筆すべき要素があるわけではなく、国策、目指す姿の戦略、カリキュラム、いろいろなものが総合されてNSUのポジションを作り上げているという印象。卒業生が入学から20年間はいつでも大学に戻ってきて学び直せる、というシステムは本当にうらやましい。「日本でも導入できないか」という山脇さんの感想に強く共感しました。
シンガポール国立大学の興味深い試みが記載されています。
特定分野に限った事ではなく、ユニークなポジション確立には差別化と付加価値への拘りが重要であることを改めて認識する内容です。
日本と同じく天然資源に恵まれないシンガポールは、「人こそが資源だとみて、教育に力を入れてきた。政府歳出の2割近くは教育予算である。首相になるには教育大臣を務めるのが必須」という時点で日本との差を痛感しますが、中でもNUSはスゴいです。
NUSを見に行けば、本気度の違いに腰を抜かします。1つの豊かな街なんです。住居も食もスポーツ施設も完備、そして都会も近い。デジタル対応も世界最先端。あれだけ充実した環境の大学の例を知りません。そして国費をドカンとかけて、世界中の頭脳、産業・技術を引き寄せる。国の戦略の中心にあるのがNUS。
日本にその戦略を求めるのは酷なので、自分の行動としては、NUSにくっつくことだと考えておりますw