新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカでは通り名の改名は珍しくなく、全米各地に「オバマ通り」が生まれましたし、NYのある通りが公式に「セサミストリート」と改名された例もあります(番組50周年記念だったかと思います)。
それはさておき、「黒人の命も大事」という和訳は個人的にはあまり賛成できません。「も」と書くことで、「白人の命」「は」大事、という主従のニュアンスを背後に感じさせてしまいます。メッセージの性格を重視するなら「黒人の命を軽視するな」が近いかなと思いますが、マスメディアで使うにはちょっと訳しすぎでしょうか。あくまで個人的見解です。
「Black Lives Matter」という言葉が、いまだに問題となってしまう。それはどういう意味なのか。ライムスターのMummy-Dさんのブログが、とてもわかりやすいと思いました。

###
「live」と「matter」どちらが動詞なのか?
ネイティブでない僕らにはちょっとわかりにくいけど
実は「matter」の方で、「lives」は「life」の複数形
意味は「黒人の命だって重要である」とでも訳せるか。
問題なのは
そんな当たり前の、至極当たり前のことが
現代アメリカのスローガンになってること
それこそが大「matter」なわけである。
https://starplayers.jp/rhymester-blog/2020/06/03/20200603/
###
もうGoogle Mapに乗ってる!!!
https://www.google.com/maps/place/The+White+House/@38.9008166,-77.0370475,18.94z/data=!4m5!3m4!1s0x89b7b7bcdecbb1df:0x715969d86d0b76bf!8m2!3d38.8976763!4d-77.0365298

すごいです、White Houseに矢を突き刺した感じの場所。市長 vs 大統領、市長に忖度の一片もない!!

そいや最近近所のIkeaが移転して、その前の通りがIKEA Streetに改名されてました。たぶん誘致の条件に市が入れたんだろな。
「も」は、必要だと思いますねぇ、 (アフリカ系がごく稀な)ニホン人が読むニホンゴの訳としては こういう説明は、(特にニホンゴでは)あまり得意ではないんですが、やってみますね

「(all) lives matter」なのは、敢えて言う必要のない、当たり前のことのはずです それは、人種に関わらないことも

でも、アフリカ系の方々に対して、そう思っていない人々もいます そういう人たちに対して、アフリカ系の方々が言う 「black lives matter」には (just in case you don't get it, they ALSO matter as others do!) という意味合いが込められています また、その時の「black」は、(アナタ方が普段差別的に使っている) 呼び名としてのコトバです (これが case 1.)

一方で、(mild から no 差別者からなるメリケン "一般" 社会に向けた) 抗議運動スローガンとしての「black lives matter」には、「当たり前のことだけど、敢えて言わなければならない状況なんだ! だから (自分の中に居るそれを含む) 差別者に言おう、 black lives ALSO matter って!」という意味合いが込められています その時の 「black」は (african american と同程度の)、人種の呼称としてのコトバです (コレが case 2.)

さらに一方で、アフリカ系の方々が、自分たちのコミュニティに向かって呼びかける「black lives matter」には、「も」の意味はありません、だってそんなの当たり前ですから また、その時の 「black」は、うわべだけの political correctness からの言い換えをしない、人種としての誇りの一部である、その肌の色を表現するコトバです (コレが case 3.)

と、いう背景から、ニホン人が読むであろうニホンゴの場合、case 2に最も近いので、「も」に近い意味は込めらるべきと思いますねぇ つまり、海の向こうの国のニュースを伝えるコトバではなくて、一緒に差別者に向かって(怒りを込めて) 叫ぶコトバなのです


上手く伝わりましたかねぇ (ふう、ツカレタ)
人の名前を通りの名称にするというのは良くあるが、Black Lives Matterというのは文章。道路の名前がセンテンスというのは見たことがないな。
デモによる意思表示は尊重されるべきですが、毎度毎度アメリカのデモは略奪とか暴徒化とセットで理解不能。抗議と犯罪がセットというのは頭がおかしいとしか言いようがないですね。道路に名前付けるのもアメリカらしいですが、良識ある抗議行動はアメリカには無理なのか。
ワシントンDCって、超金持ちの民主党支持者と、全米で最も犯罪発生率の高い黒人貧民街が同居する街。

っていう話のほうがリアリティあるとおもった。

アメリカから暴動の火は消えない
https://newspicks.com/news/4968028
NASA 小野さんのGoogleのリンク見て、自分も見てみたら、「Black Lives Matter Plz NW」と、ホワイトハウスの方向に一直線に向かう通りなんですね〜
観光名所となって、多くの人種がここに来て、写真をインスタグラムやフェイスブックでアップする日が、早く早く来て欲しい。

Black Lives Matter Plz NW
アメリカ合衆国 コロンビア特別区 ワシントンD.C.
https://goo.gl/maps/A41ET8YDb59rLMqj8
訳として「も」に違和感を感じます。
もし「も」を使って訳すなら、「黒人も人間だ」といった意味だと思います。
要は"matter"とは、あなたにも社会にも関係がある、意味がある、と訴えているわけで、「黒人の命も大事」という「も」の使い方ではメッセージ性がかなり弱くなってしまいます。


If there ain't no justice then there ain't no peace
If there ain't no justice then there ain't no peace
If there ain't no justice then there ain't no peace
If there ain't no justice then there ain't no peace

by Prince
ワシントンのバウザー市長が、ホワイトハウス近くの通りを黒人差別解消を求める運動の象徴となっているスローガン「ブラック・ライブズ・マター」に改名したそうです。インパクトがすごい....。
世界中からありとあらゆる差別がなくなるといいなと思います、もちろん日本でも。