新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
背景にあるのは、まずマスク氏がコロナウイルス対策としてのロックダウン等は経済への影響が大きいとして反対の立場をとっていること。
先月、現地の郡の外出禁止令に反してカリフォルニア州のテスラ社の生産拠点を再開したのは記憶に新しいところ。

そしてベゾス氏との関係では宇宙事業での競合相手としての因縁。
マスク氏は人類の火星移住というビジョンを掲げていますが、実は昨年ベゾス氏がそれを批判するような発言をしています。
「火星に行きたい人などいるのか?」「まずエベレストの頂上で1年暮らしてから考えるべきだ。なぜなら、火星に比べたら楽園だから」と語っています。
また、アマゾンが自動運転技術のスタートアップZooxの買収に向け交渉中だと先月報じられましたが、この分野での競合関係も2人がお互いを意識する要因とみることもできそうです。

詳細はこちらのWSJの記事で:
https://www.wsj.com/articles/elon-musk-calls-for-amazon-breakup-in-latest-spat-with-jeff-bezos-11591305297
ここうけた笑
>同氏にアマゾンを解体する法的権限はない。

なんかムカつくことされたのかな。そんなに事業領域がかぶるわけでもなさそうだが。宇宙だってSpaceXは無敵すぎてBlue Originはほぼ眼中にないレベルだし。
電気自動車を作るイロン・マスクとAmazonのジェフ・ベゾスは一見競合関係に内容に見えるが、実は宇宙開発では張り合う競争相手。マスクのSpaceX同様、ベゾスはBlue Originという会社を作って有人宇宙ロケットと宇宙船を開発している。まあ、マスクにアマゾンを解体する法的権限は当然無い。
独占的状態になるとプラットフォームがコントロール力を持つ
そうすると不便を感じる人が出てくる
そこで小回りの利くサービスが出てくる
というサイクルはインターネット上でも起きていくでしょうね
なぜ独占できているかを考えるべきでしょう
マスク氏も重々承知の上でツイートしてるんでしょうが、アマゾンは様々な領域で米国を中心とした多くの諸外国の政策と連携しています
政治的にアマゾンをインフラとして使うのが都合がよいという状況をルール形成している点が同社を独占状態に保たせているといえます
そうなれば、「アマゾンを解体しろ」といくらマスク氏が言ったとて民意でどうにかなる話ではもはやありません
単に感情的にツイートしたとしか思えませんが、経験したことのない大変な時期に企業が守りに入るのはある程度当然のことで、本を出したいなら”手段として”は別の方法があるわけです
”アマゾン”じゃないと売ることができない というか
”アマゾンで”売りたい んじゃないですかね
それってつまりアマゾンの集客力が魅力なんであって、本当にその本に価値があるならそれこそツイッターなりなんなりで拡散すればみんな読むと思いますけど
そうやってアマゾンに挑戦するのが妥当な筋な気がしますけどね
こうやって感情的なツイートするのももはや企業に対するハラスメントな気もしたりして
冷静になってほしいものですね
「同氏にアマゾンを解体する法的権限はない」。炎上芸人が、格上の先輩に絡んでバズらせようとしているんだからマジレスしても仕方ない。宇宙開発で競合してるブルーオリジンのパトロンのベゾスを、ほんの少し牽制してるのかもだけど #イーロンマスク #アマゾン
憲法が保障する表現の自由は政府による不当な制限を規制するものであって、独占であるかにかかわらず私企業には当てはまらない。Amazonはなにを出版したいか選択する自由があるし、Twitterには自社プラットフォーム上でファクトチェックを促す自由がある。

トランプはアホな嘘やデマをTwitterに流さなければいいだけ。それが嫌なら違うプラットフォームを使えばいい。OANみたいな嘘っぱちとトランプ礼賛しか垂れ流さないような放送局でも使えばいい
どの部分を解体すべきと考えているのか、なぜ今なのか。AWS?ECプラットフォームと物流?金融?
私にとって一番の不思議は、中国でも日本でもEC業者が適度に競合しているのに対して、アマゾンは単独行をしているように見える事です。他社は何をやっているのか。。。
データは現代の石油というが、それはつまりインフラという意味で、重要なのはその所有者がだれかということだ。

1870年にジョン・ロックフェラーが設立したスタンダード・オイルは、買収競争を勝ち抜き、1878年には米国の石油精製能力の90%を掌握。その後、連邦政府との長い戦いを経て、1911年に34社に解体。現在のBP、エクソンモービル、シェブロン、コノコフィリップスなどのオイルメジャーの母体となっている。

Amazonもいずれエリア別などに解体される時代が来るのかもしれないな。
これは別にありうる措置だと思いました。中身見ないとなんとも言えませんが、コロナは数多くのデマが拡散され、さまざまな買い占めや暴挙などの被害なども起きています。Appleでも正式な機関でない限りコロナ関連を名乗るアプリの発行を止める措置をしました。これも似た趣旨と思われます。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.02 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
174 兆円

業績

時価総額
31.2 兆円

業績