新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
咳やくしゃみで生じた飛沫がエアコンの気流にのって広がったという可能性はもちろん考えられますが、店員の手を介して広がった、店のドアノブを介して広がったことなど、その他の原因があった可能性は挙げればきりがなく、過去の事例を振り返って検証しようがありません。

科学的な意味では、新しい発見や仮説を提案し、その仮説をもとに様々な検証を行っていく姿勢は重要です。この論文はその仮説を提案しているだけであり、現時点ではそれ以上でもそれ以下でもありません。この発表を受けて、「飲食店のエアコンは夏でも全て禁止した方が良い」といった過剰な議論にならなければ良いのですが・・・。熱中症のこともありリスクとベネフィットを天秤にかけて考える必要があります。

元の論文はこちらです。
https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/26/7/20-0764_article
暑い夏の間、エアコンは室内で是非使用してください。

毎年5万人から10万人もの方が熱中症で病院に搬送されています。その大部分を占める、高齢者の古典的熱中症は、暑い室内で起こっています。炎天下のスポーツ中ではありません。そして毎年、現在までの新型コロナウイルス感染症による国内死亡者数を上回るような数の方が熱中症で命を落としています。

これを防ぐ最も効果的な方法は、エアコンの使用です。特に持病のある方、ご高齢な方では、少しの気温の変動で熱中症を発症しえます。気温に気を配ることも、感染対策と同じぐらいとても大切です。
だから、「夜の街」や「接客業」はピントはずれでは?
空気の流れで飛沫が拡散していることは分かるが、食器や什器・家具を介しての接触感染はどうなのだらうか?

また、複数の経路での感染(たとえば、食器と会話の両方)の場合、どういう判定になるのか?

また、感染経路の確認では、後で感染者だと分かった人がいた場合、それまでの確認結果の全てを更新するのか?
確認した時に判明した情報だけで、感染経路を考えてるのは合理的とは思えない。

多数の要因が予想されたり、多段階の要因のときに、要因分析をするのは難しく、真の要因を探索するのは極めて難しい。世の中は、単純な単回帰ではないはず!

感染症の議論て、なにか、非科学的な感じがする。
この報告を受けた要請が日本の飲食店になされると、またまた大変なことになります。

今の時期でこの暑さ!
飲食店としては、これから数ヶ月の間、当然エアコンを使用せざるを得ません。

テーブルの間隔を開けるなどの対策に加え、エアコン対策までやらされたのでは小規模な飲食店はお手上げです。
日本のシミュレーションでも電車で似たような結果が出た

「窓を開けて走行した場合でも、通勤ラッシュ時のような満員の状態だと、空気の流れが止まり、十分な換気ができないこともわかった」

飛まつの広がり スーパーコンピューター「富岳」が予測
https://newspicks.com/news/4961859
教室など、窓を閉めてエアコンをしてしまうと感染リスクがあるということかもしれない。これから暑い時期になると困難な問題になりそう。
この主張に従うとすれば、たんに換気しながら冷房すればよいのでは。こういう「反エコ」をあるていど容認するのも、新しい生活様式の一部と思います。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア

業績