新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一気に副業という働き方が 現実味を帯びてきた。 今までの当たり前が当たり前ではなくなる社会へ、変化のスピードはますます加速。
まさしく 何時間働くという測り方ではなく パフォーマンスベースの評価。 大きな変化の兆し。
「サントリーやソニー、NECなどがデジタル分野などの専門人材の獲得に向け高額の年俸を提示するなど、企業は専門人材を奪い合っている。正社員などで雇用できないなら、副業でその能力を発揮してもらうという考えだ。」

これについて、気になっていることを。全ての例がそうとは言いませんが、専門人材の使い捨てというか下請けのように扱いをされる企業があることも事実。特定のスキルのある人に全く違うことを求めてみたりとか、知財については全部雇用主が吸収して、貢献者に見返りがないとか。副業を求めるにしても、その人をリスペクトすることはとても重要だと思います。
副業の波、来てますね!
リモートワークとの相性もバツグンです。
コロナ禍のような不幸なきっかけも背景にあり手放しでは喜べませんが、厚労省「柔軟な働き方検討会」で検討させていただいた全てのテーマ(在宅勤務、副業、フリーランス)がこうして大きな流れになっていることについては、感慨深いものがあります。
社員に対して「副業してもいいですよ」というインサイドアウトの「副業解禁」のラッシュが昨年はよくニュースになってましたが、「副業の人ぜひきてください」というアウトサイドインの「副業活用」のニュースはめずらしい。

ぼく自身も、新規事業の立ち上げにおいては、ほとんどのケースで何かしらの形で社外のパートナーを巻き込む形でやってきたので、このニーズはよくわかります。社外人材を活用することで、スピードがあがり、かつイノベーションが生まれるんですよね。

そうした社外の人材を社内と分け隔てなくチームとしてエンゲージできるか。この動きは日本の社会課題の解決にもつながっていくと思います。ぜひこのライオンさんのような取り組みは広げていきたいですね。
自らが"茹で蛙“にならないためにも、外部の異なる領域での"実践者"との接点を設けることはとても重要だ。様々な"実経験"を組み合わすことで、"新たな視点"、"気づけなかった視点"を見出すことに繋げたい。組織の排他的機能が働き、このような取組みを活かしきれず、残念な顛末を迎えた企業を過去に散々見てきた…。自身達の取り組んできたことの"延長線"で考えることを辞めて、思い切り振り切ったことを考えてみて頂きたい。出来るか否かではなく、やるかやらないか…。"違和感"を感じたら、とことん向き合ってみる。"手触り感"を持てるまで、収斂することを本気で楽しみたい。この取組みから生まれた"コト"を発表して欲しいですね…。
大企業による外部プロ人材(フリーランス)活用の好事例!with/afterコロナへ向けた新規事業開発やデジタルマーケティングなどの領域でますます一般化していきそう。
これはとってもいい試み。対個人の業務委託という形態もいい。いまだに社員の副業を禁止している時代遅れの企業も多くありますが、日本が目指すべきは雇用の流動性ではなく、活躍の場の多重性なんですよね。結果、それがメインの雇用元の業務にも生かされていくはず。
専門性をもった人材の市場が形成されつつあるようです。
実務で使える専門性を磨くことが必要ですが、そのような汎用的な専門性は、他社や異なる領域との交流で磨かれます。

会社に縛られない働き方や生き方を目指すためには、まずは、社外に出ることから始めないとできないです。
こうしてリモートワークが格差を拡大させる典型例の一つだと思います。