新着Pick
407Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スモールスタートでできることから始めるという姿勢と、しっかりとリスク管理しながら全面電子化に動いてる業務の確実性があって進められてますね。

電子化が良いのは誰でもわかってるけど、これまでの慣習を変えることやそこに潜む法務面のリスクを認識しながらも決断するのは相当大変だったかと思います。
類似の記事にもコメントしましたが、安倍首相は4月の経済財政諮問会議で「脱ハンコ」を指示して電子化に向けて動き始めているます。相手がある話なので、国の方針としてPDF署名を法的に認める措置やルール化が必要だと思います(例えば実印の制度など)。
ブロックチェーン署名なども世の中にはありますが、いきなりそこに移行できないのでまずは既に存在するPDF署名などででいいのではないでしょうか。
>クラウドサービス事業者という第三者が「いつ、どういった内容の契約を交わしたか」を電子署名付きで担保することで、一定程度の証拠力もあると判断した。

ここまでやっていれば、紙の契約書よりも証拠力は高いですよ(笑)

公正証書で契約書を作成する会社は滅多にありませんから。

ほとんどの契約はメールのやりとりだけでできてしまうのが実情です。
添付してパスワードを電話等で相手に知らせ、そのやりとりを録音しておけば十分です。

裁判沙汰になった時のことを心配しているようですが、その確率は1000分の1とか1万分の1です。
そして、紙の契約書であってもトラブルになるときはなるものなのです(^_^;)
ハンコ廃止で重要なことは「もらさず全面移行する」ということですよね。

「一部」でも残ってしまうと意味がないので、殲滅作戦を実行しなければいけないところが課題です。

そういう意味では、技術的なことより「腹を決める」ことが大事だと思います。

随分前に、「製図板(ドラフター)」から「CAD」に移行する際に、両方並べておくと、誰も「CAD」を使わないので、最終的には、有無を言わせず「製図板(ドラフター)を全部撤去」することで、簡単に「CADへの移行が完了」しました。

それと似ていると思いませんか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績