新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アグアダ・フェニックス遺跡は2018年に発見された新しいマヤ遺跡で、紀元前1000年から750年の間のいわゆる先古典期に栄えたと見られています。
この遺跡はマヤ特有の階段ピラミッドの様な特徴的な祭壇建築物がなく、また王権を示すようなものも出土していないことから、どのような権力がこの街を支配し、そして大規模建造物を作り得たのか全く謎に包まれていました。
因みにこの遺跡の発掘は学術的な予算があまりつかなかったらしく、過去何回かクラウドファンディングによる発掘の支援依頼が行われていた記憶があります。
それがいざ調べてみると世紀の大発見ですから、ちょっとビックリです。
ドローンによるレーザー測量かな。最新の技術を使って人類の歴史が塗り替えられるのって科学技術の進歩の良いところの一つだと思う。
発見に用いられた技術のことも記述されていた記事を見つけましたので翻訳します。拙い点はご容赦下さい。技術の進歩の過程での思わぬ掘り出し物。

---------------------------------------------------------

Lidarは対象の領域を飛行するために飛行機またはドローンが必要です。レーザーパルスが放出され、信号が跳ね返ると、データポイントの点群と呼ばれるものが生成されます。その後、専門家による画像処理と驚異的なコンピュータ処理能力により、植生がデジタルで削除されたネイキッドなモデルを生成できます。

---------------------------------------------------------

上記の原文はnature誌の記事にあります。
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2343-4
タバスコ州で先古典期中期あたりだと・・・この時代に他の地域へも影響を与えていたオルメカとの関係も気になりますね。
定住・農耕が始まった初期の頃であり、まだ社会の格差がそれほどない時代であるとされていましたが、そのあたりの常識がこの発見で変わるかもいしれないってことですね。

これからどんなことが明らかになり、歴史の常識が塗り替えられるのか楽しみで仕方ありません。
歴史が掘り起こされていく感じ。良いニュース。
かっこいい!
Premiumを無料で体験
登録・ログイン