新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やばいとか、ひどいとかそういう言葉って経済を予測するうえで、
大衆心理を扇動するにはいいんでしょうけど・・・

ちなみにおととい出てた法人季報で、日本企業の内部留保が29四半期連続でふえていて、483兆円もあるんですよ、1-3月までの数字ですけどね。
もっとも問題として、このうち250兆は、大企業で、中小企業はあきらかに大企業より苦しいのは現実ですが、こんなに内部留保ためてるんだから、これからどんな荒波やってきても、日本企業は強いはずだと、個人的にはそう信じてます。
https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/results/2020.1-3.pdf
記事中では、GDP速報値が景気の現象が起きる前にその気配に気づくことができるとなってますが、むしろGDPは経済指標の中でも公表が遅いため、数か月前の景気がどうだったかを確認することしかできません。
あと、GDPが年換算で525兆円となってますが、これは実質の数字で水準に意味はなく、水準を評価するなら名目の545兆円で見るべきでしょう。
それから、年率換算の成長率はあくまでそれが一年続いたらの成長率で、実際に前期から▲20%減るわけではありませんので、その辺の説明も必要かもしれませんね。
実体経済がマイナスでも、株価が上昇するのを通常はバブルと呼ぶと理解しています。
デフレで不況の時の世界マネーは、何処に流れて行くのだろうか?
先月は、2020年1~3月期のGDP速報値が、前期比0.9%減で、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は3.4%減となるとも報じられていましたが、本記事はGDPについて理解が深まる記事。
【コロナ直撃、GDP年3.4%減 日本経済、低迷長期化避けられず】
https://newspicks.com/news/4912760

瞬間風速的であるということですので、今後のコロナウイルスの状況に応じて上にも下にも大きく動く可能性もありそうですね。そしてそれは異例と。