新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本電産に6月1日、大々的なアナウンスなくひっそりと、執行役員が3人加わりました。ここ数ヶ月は社長交代や幹部の流出など、人の動きが激しかった日本電産。永守会長が目指す体制づくりは進むのか、今後も取材を続けていきたいです。
壮絶なBootCampでしょうが、近くで働いつてしごきを受けたいと願う人が多いだろう数少ない日本人経営者。
良し悪しでも心中でもない、風評すら気にしない、次元を超える自己成長のためのBootCamp。
急成長を捨てなければ、経営は譲れないと思います。
個人的には急成長なくとも、細くでも永く、そして全社員が誇りある哲学を持った仕事をし、数百年続く企業に日本電産をしていく道もあるのではないかと思います。急成長を追うならば、永守さん自身が引き続き陣頭指揮するか。または熱量を持った若手を見つけて経営を任せねばなりません。大企業出身者ではダメです。

だから私が見る所、今永守さんは経営を譲る気などさらさら無く、更にアグレッシブな経営を行うべく、右腕、左腕を強化しているのではないでしょうか。頑張ってください!
創業者が2代目に引き継ぐときは、普通の会社にすると決めないと成功しない。

平社員と副社長の違いが1とすると、副社長と社長の違いは100くらい。
次期社長を見つけるの大変ですよ。
永守流とは何か。ついていくというスタンスではなく、創業者・経営者の見据える景色、つまり会社の掲げるミッションビジョンの中で、視座を上げ、視野を広げ、視点を定め、周囲を巻き込み、必要に応じて朝令暮改で変化し、力を尽くさないと、ついてすらいけないのかなと。
人材採用でも永守流が徹底されてますね。これでもか、というくらい自動車各社から幹部人材を集めている。
よくよく考えると自社組織を強めつつ、顧客組織を弱めるようにも見えるおそろしい人事…

幹部リストの中にトヨタ出身の方がいないことが何を意味するか…

妄想が止まりません…
車載事業の歴史は古いとしても、叩き上げ社員のモチベーションが気になる。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.66 兆円

業績

日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.28 兆円

業績