新着Pick
988Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経緯までは見えないので明言できない部分はりますが、緊急時には厳しい判断は必要ですが、丁寧なコミュニケーションは欠かせません。MBさんの素早さはさすがです!毎日毎日膨大なコンテンツを発信するMBさんの数年間ブレない姿勢がファンを作り、個人としてのブランドになっているのでしょう。
一方で「誰が在庫を持つか?」というのは、小売り側から生産側に移行してきたというのは間違いありません。きつい時こそ、会社のスタンスが試され、今後の企業の信頼に通じるはずです。
私もちょっと調べてみます。
全キャンセルは悲しいけれど、インフルエンサーによって「満足度」を軸とした新しいビジネスモデルができるのは業界にとってすごく良いことだと思う。価値ある商品を作るものづくりがもっと評価される時代へ。
記事にもありますが、もともとアパレルの業界では契約書などなく口約束のものも一般的で、仕入れ商品なら返品をしたり、PBでもキャンセルなどが起こるというのは記事の通り。キャンセル時の取り扱いもきちんと決めた上で契約をまく、という「普通」の状態にしていくことがまず大事ですね
契約が色々気になる。
記事に出ている下請法の論点、あとタグがついているという点で、他者に販売していいのか(ブランドを守るという観点で)、これら両方含めて引き取り義務含めた役務提供はどう定義されていることが多いのだろう。
消費者はブランドイメージであったり、カラーであったり、テーストであったりを身にまとうことで、自己を表現しています。

フェイクを身につけたときの違和感は何なのでしょうか。素材はいい、デザインもいい、しかし何かがちがう。
業界の構造や問題が非常にわかりやすく整理されている。
問題が顕在化した中で、Renameのようなブランドがどのような評価がされるかに注目。

RenameはECのデザイン刷新だけでも売上はつくれそう。
https://www.rename.jp/

サステナビリティの観点でも、Renameのようなブランドは今後価値が見直されるのではないか?と考えています。

アパレルのブランドタグ付け替え再販「Rename」がはじめたアップサイクル「Rename X」、チームのためにつくった服「for チーム」を提供開始!
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000015.000030109&g=prt
先日特集されていた鎌倉シャツは、委託先の工場を止めないようにマスクの生産を委託してましたが、それとは全く逆。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.02 兆円

業績