新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イラネ笑
これは、府が開発するアプリは、飲食店での注文に特化して、キャッシュレス決済は利用者が選択出来るように、連動させるだけで充分なのではないでしょうか?
イメージとしては、出前館で使えるAmazonペイ。

コロナ感染追跡が目的であれば、それなりの利用者情報を取りプールする筈です。そのデータを利用出来なければ、決済事業者は、低い決済手数料を提示するとは思えないです。
けれども、コロナ感染追跡データを決済事業者と共有するのは、アプリの目的を考えると、普及に高いハードルを設けてしまうのでは?
大阪らしい施策ですね。追跡するにも利用者に経済的インセンティブあった方がええと思いますし。使いやすい形で(これが一番難しいところですが)、予算そんなにかけなかったらやる価値あると思います。
大阪独自の中国ライクなチェックイン型接触追跡アプリが、なぜかキャッシュレス決済とニコイチに。

なにがやりたいのか、さっぱりわからないような
感染防止と組み合わせるのは素晴らしい取り組みですが、決済自体は既存アプリ(例: PayPay‬)との連携の方が良いと思います
これでは、スタートアップをやるのは極めて困難だと思います。

アイデアとしては、面白いですが、それだけです。

一見、良さそうに思える、こういった個別の小さなアイデアと施策ですが、みんなで共通のものを作る方が、遥かによいものができますし、効果も大きいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「スマートくいだおれアプリ」(笑)