新着Pick
233Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キオスクも減り、ニューデイズが無人化する感じは悪くない。自販機も日本の機能は素晴らしく、海外ではなぜこんなにお粗末なのかと思うくらい故障が多い。日本の無人コンビニはもっと進化するかもしれない。
ただ、同時にこれまでと同じボリュームの人数が駅を使う時代なのかはわからない。とはいえ、駅でスピードが大事なのは今昔問わず。
コスト削減、人員削減などの「自社都合」のものではなく、あくまで「顧客価値提供」にフォーカスすることが、とても大事です。

つまり、誰のための、どんな価値を提供する無人コンビニなのか?ということです。

日系企業の場合、ある時点を境にして「自社都合」になってしまうことも少なくないので…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
どんな店舗でも無人が合うわけではない。売上が小さいと投資回収できないのはもちろん、売上が大きすぎても無人の仕組みでは回しきれないです。

以前出ていた記事では、日商30-40万円(セブンを除くコンビニ平均値くらい)が目安で、マッチしやすいのは

・人手不足の地方のコンビニなどの商店
・ビルや施設内コンビニ
・店舗内店舗

とのこと。
https://newspicks.com/news/4891187/

これらの条件に合うものとしてまず100店舗、ということだと思います。
どこが無人販売プラットフォームのシェアを伸ばしていくのかも楽しみです。
世の中に一気にリモートワークが広まったように、無人コンビニもこれから急激に増えていくことになるのでしょうか。
非接触型のツールにもニーズが高まっているようですし、これまで期待されて来たテクノロジーに期待と需要が集まっていると感じます。
「4年で100店」は数字で見ると桁が少ないと思ってしまいますが、首都圏の駅ナカ店舗の入れ替えと予想すると納得の数字です。
駅の構内や高速道路など、店員さんの移動がなかなか大変そうな店舗ってありますよね。特殊な場所にどのくらい人員を配置すべきかは悩みどころ。1つの解決策になりそうです。
この状況下で新規事業を縮小させるのではなく、逆にチャンスと捉えて動けるかどうかで今後大きな差がつくと思います
不思議でしょうがないのは、コンビニでセルフレジ使わずズラズラ並んでる人たち。暇なんですかね
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.52 兆円

業績