新着Pick
779Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SUGIZOさんが以前、音楽という「不要不急」の仕事で(表現は違ったと思いますが)メシを食わしてもらっていることが本当にありがたい、という旨をどこかで仰っていたのを覚えています。

宇宙も「不要不急」の仕事。エウロパで地球外生命を発見しても、誰の命も救われないし、貧困で喘いでいる子供を助けることもできません。そんな仕事でメシを食わせてもらっていることが、まずもってありがたいことこの上ありません。その上、子供の頃からの夢だった仕事をさせてもらっているわけです。

そりゃいつも仕事が楽しいわけではないし、職場の人間関係もストレスもあります。NASAはお役所なのでイライラすることも多いですが、でもそんなのは些細なことです。この仕事をさせてもらっている幸運と有り難みを考えると全て吹き飛びます。

世の中の全ての成功も失敗も、すべて半分は努力、半分は運だと思っています。往々にして、成功した人はそれをすべて自分の努力の結果のように喧騒する一方、失敗した人はその原因をすべて運に帰す傾向があるように思います。どちらも違うでしょう。

もちろん僕も努力はたくさんしたと思いますが、ほんとうにたくさん運に恵まれました。運がなければどんなに努力しても今の仕事はさせてもらえなかったでしょう。

宇宙に携わる人はすべて世の中に対して謙虚にならなくてはならないと思う。まず、宇宙開発や宇宙探査は完全なる「不要不急」の仕事だという認識。宇宙に行かなくても人類は滅びません。むしろ人類を滅ぼさないために優先順位の高いことは他に2万個くらいあります。「俺の仕事は大事な仕事なんだ!」なんて思い上がってはいけないでしょう。

それでも、宇宙は音楽に似たところがある。それがなくても誰も死なないし、誰の腹も満ちません。でも、もし人類が宇宙に見向きもしなかったら、それは音楽がない文明のような、何か空虚なものになるんじゃないか。そんなモヤっとした、それでも決して矮小化できないものが、宇宙を目指す価値なんじゃないかと思います。
子供の頃に真剣に宇宙や自然に興味を持つ人って、どこかで二択を迫られるんですよね、天文学か宇宙開発(宇宙飛行士含む)か。小野さんは後者を選んだんですね、僕も悩んだ時期があります。ただ、これから生まれてくる子供たちにとってはその選択肢が増えると良いと思います。天文学、宇宙開発、宇宙ビジネス、宇宙生物学、宇宙◯◯学という風に。
最初から最後までステキなコラムなんですが、私の心に特に刺さったのはココです。

『それよりももっと大事なのは、自分のタマネギの芯から響いてくる小さな声にちゃんと耳を傾けることだと思うのです。

雑音に追われ、自分の心の声を聞く余裕がなくなっているのなら、情報をシャットアウトする時間を意識的に確保した方がいい。』
小野さんのコメントは、宇宙を語る時の宇宙への情熱込めたコメントも良いですが、宇宙以外に関わるコメント、最近ならばコロナに関するコメントも情熱的で読むのが楽しみです。

とてもプロピッカーとは思えないほど、本音で攻めてくる原動力はなんなのだろう?と興味がありましたが、一番好きなことを仕事に出来ている芯の強さなのですね。

人種のるつぼのアメリカで、日系人も多いパサディナといえども、そこに溶け込んで生活も仕事も確立させるのには大変なパワーが必要です。これからも頑張って欲しいです。

あっ、↓は参考にさせて頂きます。

雑音に追われ、自分の心の声を聞く余裕がなくなっているのなら、情報をシャットアウトする時間を意識的に確保した方がいい。

アプリを削除して再インストールするのは少し面倒ですが…
夢中になることが見つかったときの加速とか疾走感は本当に心地よいもの。一方でなかなか見つからないと悩む時期があったからこその感覚かもしれません。人と機械の対比がよく議論されますが、人はモチベーションを持ち予測不可能な馬力を何らかのスイッチで発揮する。その不確実なところが面白さなのかもしれませんね。

以下引用
“やはり、人間は機械じゃないんですね。車だったら東に走っても西に走っても同じ速度を出せるけど、心を持った人間は、自分の「好き」と思う方向に走る方がきっと馬力を出せる”
兄弟ではないし、細かいところは違いますが、「宇宙兄弟」の実写・実話化のような人生ですね。

ただ、小野さんの場合には、よい結果が得られていますが、確率的は、非常にレアな人生だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
タイトルでムッタとビンスさんのやり取りを思い出した!宇宙兄弟、37巻分ゆっくり読もう/俺の敵はだいたい俺です。自分の”宇宙へ行きたい”って夢をさんざん邪魔して足を引っ張り続けたのは結局俺でした
この連載について