新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱重工によるボンバルディアの吸収は既定路線です.ポストコロナを考えれば,小型機(リージョナルジェット機)の市場の成長は確実(最近流行りの言葉で言えば,基本再生産数>1)で,ボンバルディアの買い替えを三菱スペースジェットで行っていくという話.将来を見越している.世界がコロナで止まっている間に進められるだけ進める.巨人のボーイングやエアバスと違って抱える物が少ない,これからという企業ですから,有利な立ち位置にいると思います.
このニュースか、、、。コロナ以前からMSJ向けの全世界保守サポートの基盤としての買収だっただけに、今となってはむしろつらいですね、、、。本体の開発も削減していて、予約受けてる受注もキャンセルになりつつあると報道あるので、むしろ保守管理だけコスト増になるのかな?と想像すると、タイミングが悪すぎる、、、。良い座組みなのに。
ボンバルディアが航空事業からの撤退を模索し、新機種のCシリーズをエアバスに売却しA220として現在販売されていますが、既存の機種であったCRJの事業を買収したのが三菱です。
元来はCRJの保守を通じて、将来的にMSJ(旧MRJ)に移行してもらうことを念頭に買収したとみられますが、肝心のMSJ事業を大きく縮小すると打ち出した状況ですので、このCRJ事業についてもどこかに売却し白紙に戻すということがあっても不思議はありません。
ただし個人的な考えを言えば、ここで歯を食いしばってCRJ事業をつづけ、飛行機づくりのノウハウをきっちり吸収して欲しいと考えています。航空機は今後ハイブリッド化、電動化、またコクピットのワンマン化など技術革新が待たれています。次のチャンスを見据えて頑張ってほしいところです。
三菱重工業によるボンバルディアの小型旅客機事業の買収が完了したとのこと。
買収金額は5億5千万ドル。
これだけ航空業界が落ち込むと、小型旅客機の需要は確実に増えそうなので、ボンバルディアを買収したタイミングとしては悪くない。ただスペースジェットの進捗が芳しくないのが、唯一の気がかりですね!
需要回復というか、人々の移動が減って機体大型化の流れが小型化にシフトする、という需要変化を狙いたいところでしょうか…
三菱電機株式会社(みつびしでんき、Mitsubishi Electric Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
時価総額
3.08 兆円

業績

ボンバルディア(Bombardier Inc. [bɔ̃baʁdje] [bɒmˈbɑrdiˌeɪ])は、カナダのケベック州モントリオールを本部とする重工業を主たる業務とするコングロマリット企業。鉄道車両や航空機、スノーモービル等の車両製造から運行制御システム等の保安設備まで幅広く製造しており、鉄道部門では世界最大の生産設備を保有、民間航空機部門では世界第三位。 ウィキペディア

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
8,804 億円

業績