新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の交渉において前回と違うところは「破れかぶれ」のクリスティーナ・フェルナンデス政権と異なり、割と穏健・紳士的な交渉をやっているということ。あとはIMFがアルゼンチンの状況に理解を示しているということ。

これはクリスティーナの時に反米、反ヘッジファンドをキャンペーンを打っても何も得られなかったことを踏まえてのものか、あるいは前マクリ政権時にクリスティーナ時代の債権者との争いに終止符を打ち、IMFの定期視察団を受け入れて財政均衡策を講じ、国際金融界から評価されたことを受けてのものか・・・。
解決まで何年もかかって国をさらに疲弊させたクリスティーナ・フェルナンデス政権のようにはならないでほしい。