新着Pick
159Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本でリモートワーク・テレワークの障壁となっているハンコ文化や書類文化は改革をすべきだと思いますが、生産性・組織文化・人材育成など様々な観点からどのような組み合わせを選んでいくかは今後それぞれが取り組まざるを得なくなりそうですね。

本文中にある『より幅広い人材を採用できるようになるということは、競争が激しくなるということであり、それによって給料に下げ圧力がかかる』という点はこれまで意識したことがなく、新たな発見でした。簡単ではありませんが、世界の平準化が進むということなのでしょうか。
人気 Picker
もう十年以上前 (トシバレル)、ミシガン大、ベルリン工科大、ソウル大を繋いで、大学院1年生の機械デザインプロジェクトのクラスやってみたことがあります 各大学から2人、計6人のチームでの設計試作プロジェクトを、1学期間(4ヶ月)で行います クラス始めた当初は学期末の発表会(1週間)だけトラベル、あとは授業も含め全てオンライン (講義はPolycom!)でしてたのですが、どうも学生チームのbondingがイマイチなので、学期はじめのチーム形成後直ぐにトラベル (1週間)を加えたら、パフォーマンスがぐんと上がりましたねぇ (ベルリンではビール、ソウルではカラオケのお陰も大きいようでした)

トラベル先はキャンパス三ヶ所をローテーションして、旅費負担を分散してたのですが、それでも毎回の、学生さん20人+教員の国際旅費がきつくて (あ、デルタさんにはお安くして頂いてましたが)、5年でやめましたが、面白かったですねぇ

今回のパンデミックによる、講義リモート化タスクフォースの一環で、設計試作プロジェクトのクラスをどうリモート化・ハイブリッド化するか相談中なのですが、この辺りから議論初めようかなぁ、って思ってますよ
テック企業でなくてもリモートワーク体制の有無はこれからの企業選択の上で重要なポイントになると思います。
とは言え、リモートワークだと新人や中途入社の方々が、同じ職場で働く方とのコミュニケーションを取るきっかけを掴みにくい、というのもすでに起こっていると感じます。
オフィスかリモートかという選択の問題というよりも、社内のコミュニケーションを円滑・活発にできる仕掛けや工夫のある企業が伸びるという話かなと思っています。
まさしく 「リモート」と「オフィス」のバランスを見つけることが今後の鍵。
どの業界でも、遅々として進まなかった多くのことがいっきに実行された。 リモートワークは代表的な例。 働く人にとっては、実際やってみてメリット・デメリットを実体験できたことは大きい。 まだまだこれからも働き方は進化して行く。
雑談や、何なら相手の顔色から生まれる発想というものがある。
オフィスワークには代えがたいメリットがあるのも事実です。
>ほとんどの企業にとっては、完全リモートでも完全オフィスでもない、その中間くらいに最適なバランスがあるのではないでしょうか。
まさに!きっと多くの企業が併用型になっていくと思う。

部署ごとに分けて、週3日くらい出勤、週2日はリモート。
社内外の打ち合わせや、直接コミュニケーションしながらやった方が良い業務を出勤日に寄せて、作業的な仕事はリモートで対応。
オフィスは従業員数の半分くらいが(同時に)入れればよくて、基本フリーアドレス。
そんな形が増えそうですよね。
特に海外のネット業界では未来の働き方はリモートだという意見を良く聞きますが、マイナス面も指摘されはじめています。

メリット、デメリットを見極めつつ、それをいかにバランスさせていくかが今後の鍵。ということで、Coral Capital創業パートナーCEOのJames Riney がブログを書きました。
イノベーションの源がセレンディピティーにあるとしたらこれを再現できるオンライン環境を作らなければ企業にとって致命的かも「オフィスでの何気ないやりとりの中から生まれる発見(セレンディピティ)などを再現するのは容易ではありません」
> 比較的短期間でスムーズにオンラインへ移行できたのは、コロナ以前に築いていた人間関係のおかげ

本業で仕事をしているとこれは感じますね。信頼関係が既にある状態だとリモートの会議でもある程度相手の発言の意図などを読めるので対面のコミニケーションと変わらないパフォーマンスが出せている気はします。

一方で自分は4月から新しい会社で副業を始めましたが、そこでは『初めまして』がリモートで、そこからずっとリモートで仕事をしていました。
そこで感じたのは対面でのコミニケーションがなくてもリモートだけである程度は仕事も出来るなという事。

この経験から思う事は、副業や中途入社した人のように組織ででの働き方が既に分かってる人だけのコミニケーションであればオンラインだろうがオフラインだろうが手段でしかないので、どちらでも問題はないのだと思います。

一方で新卒社員のように会社で働く事自体にまだイメージが出来てない人がいる組織では対面によるケアや信頼関係の構築は大事なってくるのかなと思います。

結局はリモートと対面は組み合わせて使い分けるのがベストだなとは思います。
確かに…「人間関係構築済みの人」と、「まだ、それがない人」との差は大きいですね…

そう考えると「出世を狙う」のであれ、「知り合いを増やしたい」のであれ、人とのネットワークを狙う人たちは「オフィス派」でしょうね。

既に「自分で十分なネットワークを持っている」人たちは、余裕でリモートでできるでしょうが、反面「オフィスでの密会(?)」からは外れてしまうことは覚悟しないといけませんね。

そう考えると、「テック企業だから、リモートワークは簡単でしょ」という理解は、完全に間違いであることに気づきますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テック業界に限らず、どんな業種にも当てはまりそうな誤解でしょうか。


オフィスでの何気ないやりとりの中から生まれる発見(セレンディピティ)、この重要さを身に染みて実感中です。