新着Pick
401Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍で服の売り方の変革が進むのは、その通りだと思う。
アメリカのリフォメーションやNikeなどの特定店舗などでは
すでに店舗はショールーミング化して、
レシートも全てPCに送られるので、フィジカル接触を極限まで
下げる仕組みはすでに実装済み。
あとはどれだけ今のアパレルが新しい仕組みに投資できるか。

また、今回伊勢丹など再開した店舗に行くと
試着できる楽しさ、販売員さんとの会話などが
ありがたくて、ちょっと涙がでそうになる場面も。

すっかり2ヶ月EC漬けだったけど、リアルの楽しさには
及ばないんだよな、などと思ったり。

リアル&デジタルが効率よく混じり合う
ニューリテールな売り場が理想です。
最終的にお店にトルソーを並べて擬似フィッティングがオススメ、でズッコケましたが(笑)、試着をどうするのかという問いはあると思う。EC前提で、店舗をどう設計するか。
消費者の行動変容を予想して対応することが、生き残りの鍵。
支払い方法はいち早くキャッシュレスに移行している。
チャレンジは、リアル店舗の良さ、人との接触の楽しみをどうやって伝えるかという点。 デジタルの活用はもちろんのこと、with コロナの新しい行動様式、顧客心理を理解して「先取り」したサービスを展開してほしい。
急激に進むことはないと予想しますが、まったく有り得ない話しではないと思います。

コロナなどウイルスへの対応で進めるというよりも、
顧客の利便性に視点を置くというのが正しいかも知れません。

ワクチンができた後も、試着する時間が煩わしいと感じる顧客が多くなるようであれば、バーチャル試着は進むのでしょう。

特に採寸の必要のあるお直しとかはテクノロジーを駆使したほうが満足度は高くなりそうな気がします。
人の手で丈を調整するよりも、5cm詰めてこれくらいの見え方、3cmだとこれくらいの見え方、などが、バーチャル で目視できるようになると顧客も嬉しいのではないでしょうか。

タッチレス決済については、すぐにでも浸透するべきだと思います。
衛生上の点はもちろん、単純に便利ですし、支払い方法の選択の幅はなるべく制限がない方が望ましいです。
もうネット通販でいいんじゃないの
これは、10万人以上の死者が出ている米国と、1000人以下で押さえられている日本では、全く感覚が違うと思います。

日本は、すぐに元通りに戻ってしまうと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
極端な話ではあるとは思いますが、ECの割合が増えていくと思っています。ECの課題はサイズ感だったり、生地感の説明だと思うのですが、それはライブ配信や記事で埋め合わせていけると思っています。

コロナ以上に出向くことのストレスをわかってしまったように思います。
アパレルで、
試着レスやタッチレスの動きが
せかいてきにどこまで浸透するのか、
注目してます。
そうなっていきますよね。レジャー施設も、続々と入場ゲートを「事前販売」「人数制限」「タッチレス」に切り替えて営業を再開しています。

withコロナ時代を生き抜いていくために各社しっかり取り組んでいます。これがしっかり感染予防につながり、再度緊急事態宣言が起きないことを祈るばかりです。
第二波が来るか来ないかによってどこまで設備投資を行うのかも変わって来るような気はしますが、バーチャル店舗の萌芽はすでにあったのでそれは加速するだろうなと感じています。