新着Pick
347Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
英BBCの記者は、まるでスペイン風邪、大恐慌、キング牧師暗殺という米国の過去の3大災禍が重なったようだと評したとか。毎日新聞の余録は「感染症、経済の低迷、人種差別という負のスパイラルだ」と表現しました。「略奪が始まる時、銃撃も始まる」は、「暴力の賛美」と運営者に注意喚起されたトランプ大統領の脅しのツイートでした。社会の分裂をあおる大統領という災厄は過去の3大災禍にはありませんでした。世界はますます悪い方向に転がっているように見えて、憂鬱になります。

毎日新聞の余録です。
https://mainichi.jp/articles/20200602/ddm/001/070/095000c
きのうはホワイトハウス周辺の攻防が激しく、敷地内に突入しようとする群衆と米軍憲兵隊およびシークレット・サービスのにらみ合いが続きました。
 さきほど、トランプ大統領は、ホワイトハウスから現れ、隣接する教会の前に立ちました。聖書を掲げながら演説しています。「我々の国は世界で最も偉大だ。我々はアメリカを安全にする。」
 演説の主な内容は、「各州が暴力を阻止するために必要な措置をとらないならば、連邦政府が各州に軍を派遣する」というものでした。「各州知事、市長は、この暴力が終わるまで、徹底的な緊急措置のための立法を行うべきだ」とも述べました。これが、トランプ大統領の求める「必要な措置」の具体的な内容でしょう。
 米国では、伝統的には、治安維持は、主に各州とより小さい規模の自治体の領分です。大統領と連邦政府ができることは、本来あまりありません。そのため、全国的な犯罪対策や治安維持のための機関を持っておらず、1920年の禁酒法時代に犯罪組織が巨大化した時には、エリオット・ネスのような財務省酒類取締局の職員をシカゴへ派遣しなければならなかったほどです。
 冷戦時代に、アメリカ共産党や中南米の麻薬組織に対処するために急速に拡大されたのが、連邦捜査局(FBI)です。FBIは、黒人運動家やイスラーム関係のテロ組織も徹底的に捜査しました。
 今回のような、誰が指揮しているわけでもなさそうな全国規模の抗議運動や暴動では、FBIにできることはあまりありません。日本なら、警視庁の機動隊が各県に増援に送られるところですが、米国にはそういう治安維持組織はありません。 
 現在、連邦政府から出動を指示されているのは、米陸軍の憲兵隊に加え、対テロ戦争を専門とする緊急即応部隊です。
現在ニューヨーク市内の自分のオフィスにいます。ニューヨークでも本日から夜間外出禁止令が発令されました。

一連のデモ活動参加者の一部にみられる暴徒化や略奪破壊行為は、特定の政治勢力による組織的な暴力行為ではなく、反社会性パーソナリティーを有する人物によるデモ活動に便乗した反社会的な行為(いわゆる火事場泥棒)と、群衆心理による一般人の情動の激化・自己抑制の喪失という二つの似て非なる側面があると思います。

反社会的人物の暴力・犯罪行為には毅然と強行対応をする必要がある一方で、一般のデモ参加者の暴徒化についての大統領の分断的、煽動的な発言は群衆心理をさらに暴力的で過激な方向に導く可能性があり、危うさを禁じ得ません。
報道を見ていると、昼間に平和的にデモしている人たちと夜の暴徒はどうやら別。逮捕されている人たちのほとんどが地元ではなくどこか別のところから来た人たち。

陰謀だとしても左派なのか右派なのか不明、ただ便乗して略奪したい泥棒かもしれません。

今週木曜日にフロイド氏の公開葬儀が予定されており、その前後でまた暴徒化の可能性もあります。
トランプ大統領、リーダーシップを問われる場面でことごとく火に油を注ぐスタイルで対応しているので、どんどん自分の立場を悪くしているのだが、まあ、ご本人はその現状に気がつかないのだろうな…。世の中で起こる悪いことはすべて他人が悪く自分は正しいと思う世界観を持つ人にありがちなドツボへのはまり方。
今回のミネアポリスから始まった暴動は、まさに1992年のロサンゼルス暴動と瓜二つです。
当時のブッシュ大統領は湾岸戦争に勝利し一時80%以上の支持率がありましたが、ロドニー・キングという黒人男性がロサンゼルス市内を運転中にスピード違反で現行犯逮捕された際、ロス市警の警官4人が激しい暴行を加える様子がTVで流れ、黒人達に不満が溜まっていた中、警官らには無罪の評決が出たことで、その怒りが爆発。
逮捕者1万人・被害総額10億ドルという大規模な暴動へ発展し、ついには鎮圧の為連邦軍も出動。6日後にようやく鎮圧されました。
この暴動と、ほぼ同時期に始まった景気後退によってブッシュ大統領の支持率は急落。
この年の大統領選挙でアーカンソー州知事のクリントン氏にまさかの敗北を喫することになりました。

これが偶然なのか、あるいはその再現を狙った何者かがいるのかは今のところ定かではありません。
ただ既にワシントンDC郊外のアンドリュース空軍基地には、ライリー空軍基地、ドラム空軍基地、ブラッグ空軍基地から連邦軍を載せた複数のC-130JおよびC-17A貨物航空機が到着し、第82空挺師団、第10山岳師団、第1歩兵師団が展開を始めたとの報道もあります。
州兵以外に連邦軍が動員されるとなるとまさにロサンゼルス暴動以来28年ぶりのこととなり、トランプ政権にとってはロス暴動の二の舞となる可能性が大いにあります。
コロナ下の抑圧が熱源になっているのでしょう。トランプ政権はうまくハンドルしないと大統領選に響く上、強行的治安維持を国内で進めながら香港で同様の動きをとる中国に対して強硬姿勢を貫く正統性が怪しくなる。面倒な展開です。
トランプは、暴徒化したデモ隊による暴力が「極左勢力」によるものと批判したほか、断固たる姿勢を示すためにバー司法長官を「始動させる」という方針を明らかにしています。トランプの姿勢を支持する層が存在する。ここでもトランプはシナリオを描き悪役を立てている。本当に残念な展開ですが、冷静に状況分析をしておくことも重要だと思っています。
最悪だ… 火に油も、火に油。トランプになって米国は民主主義国家の盟主の座を醜悪に失いつつある。これでどうして香港の件を批判できるのだろう。米国は最悪の時期に最悪の大統領を持ってしまった。次の11月の大統領選は本当に重要。Enough is enough



トランプ米大統領は1日、全米で激化している黒人男性暴行死を巡る抗議デモに対する各州知事の対応を批判し、より強硬な姿勢で臨むべきとの考えを示した。

CBSニュースやニューヨーク・タイムズ紙によると、トランプ大統領は州知事らとの電話会談で「知事は威圧する必要がある。そうしなければ、時間を無駄にするだけだ。抗議者に圧倒され、愚か者と見られるのが落ちだ」と語り、デモ参加者への対応や一斉逮捕のほか、国旗を燃やす行為を禁止する条例の制定などを求めた。

さらに、暴徒化したデモ隊による暴力が「極左勢力」によるものと批判したほか、断固たる姿勢を示すためにバー司法長官を「始動させる」という方針を明らかにした。
これは相当まずい状況だと思います。火に油ではないでしょうか。たしかに暴徒化して、略奪行為をしている黒人はいかがかと思いますが、お互いが憎しみ化します。まず、ジョージフロイド氏(ミネアポリス)は第三級の殺人ではなく、第二級以上、あきらかに傷つける意図がある警官の行為でしっかり罰すべきです。7分以上、膝で首を絞めるという行為は意図ある殺人です。それを最初にしないで、強硬対応をすると、暴徒化がさらに激しくなります。また、今回の一件はトランプにとって大統領選挙に相当なネガティブインパクトになると思います